2014
05.31

ごめんね、きなこちゃん

Category: 未分類
外猫女子を駆逐してしまう鳴子さんがいなくなった庭に、小さな茶トラの女の子が来るようになりました。

きなこと名付けました。

最初は、暗くなってから姿を現していたのが昼間もやって来るようになり、そのうち庭の住人に。

TNRをせねばと病院に予約を入れるも、先々週先週今週とOPEの予約を入れた日に限って姿を現さず、何て勘の良い子なのだろうと、病院のアシスタントさんと笑ったものでした。

最初は、近づくと逃げていたきなこですが、最近急激に人馴れがすすみ、穏やかで甘えん坊な性格だとわかりました。

昨日も、OPE後はRせず里親募集をしようとダンナと話していたのです。

それなのに、そのきなこが、今日家の前で輪禍に遭い、短い一生を終えてしまいました。

捕獲器も必要ないくらい馴れてきていたのだから、先ずは保護するべきだったと後悔しても遅すぎます。

撫でてとスリスリゴロゴロするきなこを撫でて、「きなちゃん、可愛いね」と声を掛けると「にゃっ」と小さく返事をして、「ちょっとお散歩して来るね」と門の横をすり抜けたのを見送ったのが、最後になりました。

ダンナの部屋の窓から、いつも中を覗いていたきなこ。

どういう経緯で、我が家の庭にたどり着いたのか・・・

お外で暮らす子達の毎日は、小さなラッキーの積み重ね。

そう言った猫友さんの言葉が、今更ながら身に染みています。














スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/704-e60df761
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.06.02 04:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top