2014
01.28

可能性

Category: 未分類
朝、病院から「昨日培養していた大の尿から菌が見つかりました。」と電話があり、「膀胱炎の症状が無い事から、もしかすると腎臓への細菌感染があるのかもしれません。」との事で、大、急遽入院しました。

昨日の先生のお話で、「一般的に言う腎不全ではありません」が、この事だったのなら、菌を叩けば、もしかすると良い方向へ向かうのではと言う可能性が、僅かながら出てきました。

そのわずかな可能性に賭けます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/680-3a990666
トラックバック
コメント
良い方向に向かいます様に。

セイラの心臓が、抗生剤で好転したので、獣医師は感染症が原因だってかも・・・と、言ってましたが・・・
2週間効果のある抗生剤3回(都合1ヶ月)で、ペースメーカーが必要だと言われた不整脈が、正常に近い状態になったのでした。

大ちゃんも好転すると良いですね。
頑張れ、まだ若いんだもの。
もっともっと生きてもらわないと。
あれいdot 2014.01.29 03:50 | 編集
★あれいさん
セイラちゃんみたいに、回復してくれたら良いのだけれど。

暫く入院よ。

先生は、猫さんが大好きだから、大が入院でストレスを溜めないか、物凄く心配されてたの。

でも、ご機嫌さん(実際はしんどいだろうけど)でいるのを見て、少し安心されたみたい。

nekorondadot 2014.01.29 15:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top