--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
01.27

余命

Category: 未分類
毎日輸液しても大の体調が一向に上向かず、FIPで亡くなった格の初期症状に似ているような気がして、とても不安だった。

今日の血液検査の結果次第では、コロナウィルスの遺伝子検査をしようと決めて受診した。

触診が始まり、いつもより長く、そして先生の表情が険しくなっていくのが見て取れて、嫌な予感がした。

「たぶんX線やエコーでは、ハッキリわからないと思うけれど、左の腎臓が萎縮しているような気がします。」

そうおっしゃった。

「原因は、わかりません。」

続けて行った血液検査では、前回28だったBUNが101、2、7だったCREが10超にと数値が急激に悪化していた。

尿検査でも、潜血反応が出た。

「たったの9日間でここまで進行するのは、一般的に言う腎不全では無いと思います。」

「それでは、大の病気は何なのですか?」

そう尋ねると、「それを調べる為には、麻酔をかけてのCT撮影と腎臓の生検が必要です。」

それに続けて、「ただ、麻酔に耐えられない可能性が高いです。」

大が苦しんでいるのに、その原因を探る事さえ出来ないのか。

大にしてあげられる事は、今まで通りの皮下輸液。

静脈点滴も、ほとんど意味がないと聞かされた。

「食べられなくなったからと言って、強制給餌はしないで下さい。」

余命は・・・

考えたくもありません。

抗生剤入りの輸液をして頂き帰宅。

私、どうしたら良いの?

DVC00235.jpg

水素母さんと。




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/679-7ff19ba3
トラックバック
コメント
何故、静脈点滴が意味が無いの?
何故、強制給餌してはいけないの?
さっぱり判りません・・・・

近くに他に良い獣医さんはないのですか?
セカンドオピニオンも必要だと思います。
私は、アトムの時「専門家プロファイル」と言うサイトで相談もしました。
獣医師が、意見を述べてくれます。
診察している訳ではないので、こちらが出したカードに沿って返答してくれる訳ですが・・・

いちるの望みを掛けて・・・
大ちゃん、頑張れ!
あれいdot 2014.01.28 03:21 | 編集
★あれいさん
大ちゃんは、一般的な老齢性慢性腎不全と違うので、一括りには出来ないのよ。
その子の状態や状況やいろんなことを鑑みての判断になるの。

腎臓への細菌感染の可能性があって、今日入院したのよ。

いつも応援してくれて、ありがとう~。
nekorondadot 2014.01.28 18:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。