--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
11.30

無知と先入観

Category: 未分類
こぐろは、1日の大半を寝て過ごす。
食事と排泄の時以外は寝ていると言っても過言ではない。

こぐろは、誰とも遊ばないし、喧嘩もしない、意地悪もされない。
寝る時を別にして、どう言う訳だかどの子もこぐろに寄りつかないからだ。

だから、まさか怪我してるとは思いもよらなかった。
なぜって?
怪我をするような事を、全くと言って良いほどしないから。

なのに・・・

月曜の夜、こぐろが左目を瞑っていた。
涙が出ていたけれど、アクシデントに見舞われた形跡もなかったし、いつもと変わらない時間が流れていた。
眼を拭いても特に痛がりもしなかったから、あまり気にも留めず様子見。

火曜日、目やにがすごかった。
本来なら、ここで異変に気付くべき。
更に、点眼時、何だか眼球が変って思ったのに、以前燕優が結膜炎で同じような状態になったのを思い出し、勝手に結膜炎だろうと、日に3~4回の抗生剤入りの目薬点眼。

水曜日、やはり点眼。
少し目ヤニの量が減って来た。

木曜日、目ヤニはもっと減っていたが、夜点眼時に息をのんだ。
こぐろの眼球は、既にその体を成していなかったからだ。

そして今日、病院でこぐろの左目が永久に光を失ってしまった事を告げられた。

「火曜日にちゃんと受診していれば、こぐろは失明せずにすんだのでは?」と問う私に、先生は「そうとは言い切れません」とおっしゃった。
「傷が深ければ、その時点でダメだったと思います」と。
「ましてや、高齢でエイズキャリアなら尚更」とも。

怪我の原因は、わからない。

でも、そんなことはどうでも良い。
私の無知と先入観が、回復の可能性を0にした事は、紛れもない事実なのだから。

こぐろさん1

飼い主失格だなと思う。

ごめんね、こぐろ。


スポンサーサイト

Comment:1  Trackback:0
トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/620-be10fdcb
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2012.12.03 02:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。