--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
03.30

覚えていますか、ムサシ君

Category: 未分類
姉の友人が保護したムサシ君の近況報告です。
Kさんからのメールを御紹介します。
では、どうぞ。

> ムサシの背中のケガは最初順調に治っていたのにある時期から
> 膠着状態になりました。N先生に診てもらったら皮膚の下が
> 剥離しているとのことで、麻酔をかけて皮膚の下を洗浄し、キトサン
> を封入。これが劇的に効きました。
> 家に来て以来ずっと首につけられていたエリザベス・カラーから
> やっと解放され猫らしい猫の姿に戻りました。
>
> ケガが全快したと思ったら、またまた難問です。野良時代にカエル
> やヘビでも食べていたのか、”マンソン裂頭条虫”と名前を聞い
> ただけでも怖い寄生虫がいることが発覚。駆虫薬の”ドロン
> シット”というのが巨大な錠剤で、しかも一挙に3個のまさないと
> いけないのです。
>
> 錠剤を半分に割って2片を口にねじ込んだら器用に吐き出して
> しまいどうしても呑んでくれない。仕方ないので少量の水で溶いて
> スポイトでのませたら戻してしまいました。
> 結局、必要量の半分摂取できたかどうかというところです。
>
> 犬や猫用の薬が人間用のと同じ形態であることは工夫が足りない
> という気がします。美味しそうな肉汁でも染み込ませたコーティング
> 剤で被覆するとか、量を極限まで小さくするとか。
> おとなしいムサシも”ドロンシット”(名前がおどろおどろしい)を
> 呑まされるな!と悟るや凶暴になって大暴れします。
>
> 今度検査してもらうとき寄生虫が駆除できていなかったら
> 獣医さんのところで薬をのませてもらおうと思います。


男1人と1匹、毎日楽しく暮らしていらっしゃるようです。
微笑ましい光景が、目に浮かびますね。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/58-22ed09a3
トラックバック
コメント
http://www.bayer-pet.jp/pet/products/dron_s.html

飲ませるのがキツイなら注射もありますから…
J+AMANEKOdot 2006.04.03 02:01 | 編集
どの子達も、マンソンいるんじゃないかしらね。
我家にもたくさんいたもの。

やっぱり私も、注射のほうが確実だし良いと思うわ。

J+AMANEKOさん、わざわざ調べて下さったのね。
グッドアドバイス、どうもありがとう。
nekorondadot 2006.04.03 20:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。