--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
07.30

残念っ!

Category: 未分類
くっすんの再手術は、うまくいきませんでした。
何とか成功してくれと祈ったのですが、残念な結果に終わりました。
前回の手術で定着した皮膚も、拡がりを見せる気配がありません。
なので、また湿潤療法へ戻ります。
でも、やらなきゃ良かったとは思っていません。
くっすんに辛い思いをさせてしまった事だけは、心が痛みますけれど。

術後の患部が落ち着いたら、病院で定期観察しつつ我が家で包帯交換を行う事にしました。
湿潤療法に欠かせないドレッシング材も、先生と相談しながら自分なりに工夫して使ってみようと思っています。
きっと月単位ではなく年単位の時間を要するでしょうけれど、コツコツゆっくりやっていきます。
但し、どんなに時が経とうとも、現状のまんまって可能性があるのも事実みたい。
まあ、その時はその時で。
何とかなるさ!ってね。

DVC00846.jpg

くっすん、爆睡の毎日です。
去勢手術の効果なのか、鳴いて徘徊する事も次女のお布団でオシッコする事もなくなりました。
まるでずーっと前から我が家にいるような錯覚さえ覚えるくっすん。
あの日出会わなかったら・・・
ホント出会えて良かったにゃり。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/508-09c857d8
トラックバック
コメント
あらま・・残念でしたね、くっすん。
頑張って手術に耐えたのに・・・

うちのヤマトの時は、何療法って言ったっけ・・忘れちゃったけど・・・とにかく洗って、ガーゼを巻いて、テーピングして・・特に薬を使ったりはしませんでした。

湿潤療法ってのは、、また違うのでしょうね。
でも、おうちで大事にされて安心して寝れるのだもの、くっすんは幸せよ。
絶対に。
傷も1日でも早く良くなります様に~~~
あれいdot 2011.07.31 04:23 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2011.07.31 20:38 | 編集
ヤマトのは「閉鎖療法」だったと思います、たぶん・・・
あれいdot 2011.08.01 04:15 | 編集
★あれいさん
湿潤療法は閉鎖療法の進化形ではないかしら。
傷を乾かさない、消毒薬は使わない、傷口を覆う。
殆ど一緒よ。
ただ、傷口を覆うのはガーゼではないの。
ガーゼだとくっついて、交換時大変でしょ。
傷口にも負担になるしね。
痛いし。
だから、今はくっつかない材料で覆うの。
製品化されたものだけじゃなくて、手作りのモノも含めてドレッシング材って言うの。
それを使用して。
傷を乾かして瘡蓋を作るのは、治りも遅いのですって。

くっすん、可愛そうだったけど、やるだけの事はやらないとね。
ダメなら諦めもつくしね。

いつも応援ありがとう。
nekorondadot 2011.08.01 11:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。