2011
07.12

ご報告

Category: 未分類
その1
保護子猫さん。
昨日検診に行きました。
エイズ白血病は陰性でしたけれど、耳ダニがいました。
レボリューションを投与して頂きましたが、暫く通院加療する事になりました。

家猫修行は、いい感じで進捗しています。
撫でるとゴロゴロ転がってお腹を見せてくれます。
段ボールハウスには、逃げ込まなくなりました。
慌てず焦らず着実に前へ進んで行けば良いのさ。

人馴れはも一つでも猫さん大好きだから、お兄ちゃんお姉ちゃんおじちゃんおばちゃん達と遊びたくて仕方ない様子。
もう少しの辛抱です。

DVC00947.jpg

早く出たいにゃり。

その2
くっすん。
前足の傷の治りがよくなりません。
エイズキャリアである事を差し引いてもです。
傷口が大きく肉が盛ってこないので、腱が見えています。
2日に1度の包帯交換。
この先いつまで続ければ良いのか、先が全く見えない状況です。
それに、傷が肘の辺りから足先へ向けて拡がっているため包帯が取れ易く、それを防ぐには少し強めに巻かなければなりません。
そうすると今度は足先が鬱血し、大きく腫れ上がるのです。
傷の痛みと鬱血の痛み。
それではくっすんが可愛そうです。
2日に1度の通院もストレスになりそうですし。

それで、昨日の包帯交換の際、先生から手術してはとご提案頂きました。
肘の上に捲れ上っている皮膚を伸ばし少しメッシュを入れて拡げ、傷口を覆うように縫合するとの事。
事前の検査で結果が思わしくなければ無理ですけれど、今のくっすんはかなり貧血も改善され、内臓にもこれと言った問題が無いのでやってみてはと。

で、急遽明日手術の運びとなりました。
術中のくっすんのコンディションにもよりますが、出来れば根尖病巣のある歯の抜歯も行います。
上手くいくと良いのですけれど。

DVC00944.jpg

頑張るぜい!






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/492-34080951
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top