--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
01.17

ありがとう

Category: 未分類
次女が中2の時、クラスメートが登校中に子猫を拾ったと学校へ連れて来ました。
校内放送をしたり各教室を連れて回って貰い手を探しましたが、顔は不細工なうえ毛並みも悪く、そのうえシャーシャーフーフーと威勢が良く、案の定貰い手は見つかりませんでした。
それで、娘が我が家へ連れて帰って来たのが手乗りサイズのめめでした。
平成10年6月の大雨の日の事でした。

その娘にめめが虹の橋を渡った事を知らせた直後、彼女から届いた携帯メールです。

そんな悪かったんじゃな。
今日寒くて二度寝してしもうたんよ。捨てられとった黒い猫連れて帰ろうとする夢見とって、結局連れて帰れんくて、ママのメールで目が覚めた。 メメだったんかな。


めめが来た時、先住さんは同じ年頃のキューザ1匹だけでした。
気の強いキューザと対照的に穏やかで優しいめめは、その後保護されてきた子達の面倒をよくみてくれました。
次第に増えていく猫さん達。
争う事を好まず自己主張をせず少し神経質なめめには、大所帯過ぎる我が家はしんどかったのではと思います。

愛情も手間も十分にかけてあげることができなかった・・・
ごめんね。

それでも、亡くなる直前まで意識のあっためめは、若い子達のドタバタ走り回る足音や、いじめっ子の唸り声、爪とぎの音や水を飲む音、自分が育った家の煩雑で賑やかな聞きなれた音を、その耳にしっかりと覚えさせるかのように一生懸命聞いていました。

私達と12年と7か月、共に歩んでくれて本当にありがとう。

心からあなたにお礼を言います。

DVC00830.jpg

病院を後に家路につく車中にて。

通いなれた道。
この日が最後になりました。












スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/478-184acc6e
トラックバック
コメント
めめちゃんは助けてくれた
お嬢さんに会いに行ったのかしらね。

住み慣れたお家で聞き慣れたいつもの音を
聞きながら眠ったのね、幸せでしたね。
ボスもそうだった、良い猫生だったよね。

ふぁんじにdot 2011.01.17 23:55 | 編集
良い子って、何だかそんなですよね~~
今日17日は、我家の良い子チビの3回忌でした。
めめちゃん、絶対幸せだったと思います。
良かったね、ありがとう。
ゆっくりお休み。
あれいdot 2011.01.18 02:58 | 編集
★ふぁんじにさん
あなたの言うとおり、娘は、めめにとってある意味命の恩人だったのね。
律儀な子だったから、ちゃんと挨拶に行ったのだと思う。

毎日の輸液のお蔭かしらね。
最後まで意識があって、もがき苦しむこともなくて。
穏やかな最期だった。

ボスくんもそうだったのね。

しかしね、私辛過ぎて苦しい。
私にとって、めめは特別だったから。

★あれいさん
チビちゃん、亡くなってもうそんなに経つのね。
優しくて可愛くて健気な子だったね。

憎まれっ子世に憚ると言うけれど、その真逆で良い子は短命なのかしらね。
切ないわ。

めめには、色んな意味で物凄く我慢させたと思う。
本当にうちの子で良かったのかな。





nekorondadot 2011.01.18 23:28 | 編集
めめちゃん、お嬢さんに会いに行ったんですね。
そういうことって、やっぱりあるんやね。
めめちゃん幸せだったね。
めめちゃんのご冥福をお祈りします。
とろにゃんdot 2011.01.24 17:23 | 編集
★とろにゃんさん
ありがとう。

たぶんそうだと思うの。
娘に最後のお別れを言いに行ったのだと。
心優しい律儀な子だったから。

我が家では、穏やかで優しくて良い子は、早く逝ってしまうのよ。
何だかそんな気がします。

くりりちゃん、めめのぶんまで頑張って。
nekorondadot 2011.01.26 22:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。