2010
12.04

シュウ酸カルシウム尿石症

Category: 未分類
10月から始まった輪熊の膀胱炎治療。
薬を2回変えたけれどどうも思わしくないので、先月末3度目の尿検査と共に膀胱造影を行ったところ、何とシュウ酸カルシウム尿石症と診断された。
過去2回の尿検査では尿のpHも正常値で結晶も発見されなかったのだが、膀胱造影のために挿入したカテーテルの先に凄く凄く小さな結石が付着しており、しかも尿のpHも、5~6と酸性。
モニターで見せて頂くと、尿中には四角いシュウ酸カルシウム結晶が。
X線写真でも膀胱の外郭ラインの1部が不鮮明で、「膀胱壁に結石が付着しているのではないでしょうか」と先生。

週明け、膀胱洗浄決定です。

それでも症状が改善されなければ、膀胱を切開して付着結石除去手術をする予定。

しかし、何で結石?
しかもシュウ酸カルシウム。
療法食じゃあ溶けないじゃん。

頭痛い。

DVC00804.jpg

フツーにオシッコでたいぞ。

スポンサーサイト

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/471-89fbc9dd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top