2006
02.21

薩摩おごじょ

Category: 未分類
「おご」は白血病キャリアだった。
だが、ほとんど自力で陰転した。
かかりつけの先生のところで彼女は「伝説の少女」と呼ばれている。
同じ病気で亡くなった「Y」と「じゅうち」の分まで、どうぞ長生きしてね。

2006_0127_231321AA.jpg

「任せときなさい!」

別名「インリンオブおごぷい」。
M字開脚は出来ません。
あしからず。
ラッキーガール「おご」 3月で2歳 ♀
スポンサーサイト

Comment:8  Trackback:0
トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/33-eff7cdd1
トラックバック
コメント
いつか会いたいな・・・
Iさんが「大ちゃん、じゅうちと良く似てるんです」って・・・

nekorondaさんのおうちの子達は亡くなった子達にしっかり守られていますね。
みんな長生きしてちょうだいね。
助・格のきょうだい達だもの、みんな我が子達の親戚ですよ(笑)
大ママdot 2006.02.21 22:31 | 編集
まぁ!立派になられて。
おごちゃんはnekoronda家に来た日から
ラッキーガールになってたのよ。

おばちゃんはあなたの陰転がとても
うれしかったのを覚えている。
薩摩おごじょよ元気で長生き、まかせたよ!
ふぁんじにdot 2006.02.22 00:26 | 編集
大ママさん
確かにじゅうちは、大ちゃんに似てるかもしれないわ。
随分と辛い想いをした分、誰よりも幸せになって欲しかったのに、あんな若さで天に召されてしまいました。
おごは、本当に幸せ者。
長生きしなきゃあ罰が当たるわね。
あいつ良い根性してるから、きっと大丈夫。

ふぁんじにさん
早いものね。
悩み抜いた末にあなたにメールしてから、もう1年7ヶ月だよ。
あの時、あなたやあけみさん、hanatoqooの言葉に、私はどれだけ力付けられた事か。
ホントにありがとね。
保護された時の「おご」、もう4ヶ月だって言うのに空恐ろしく小さくて、なのに栄養失調でお腹だけ異常に膨らんでて、ノミと疥癬でぼろぼろで・・・。
酷かったよ。
あの時体重1キロにも満たなかったのが、何と今や5キロ超えました。
おもしろい体型で、笑えます。




nekorondadot 2006.02.22 19:27 | 編集
「伝説の少女」って観月ありさの歌にあったね(^^ゞ
hiromidot 2006.02.23 17:07 | 編集
うん、あったあった。
私も覚えてるよ。
伝説の少女が~♪ってとこだけ。

鹿児島での経緯を説明して、かかりつけの先生んとこで再検査してもらった時にね、採血中のインターンの先生がね、「Felv陰転なんて伝説ですよ、伝説」って言ったの。
で、その後の結果を見て「・・・」。
目がテン。
そして「おごちゃん、伝説の少女だ~」と。
強運の持ち主なのよ、おごは。
nekorondadot 2006.02.23 20:32 | 編集
「Felv陰転は理論的にはあり得ないんだけど実際にはあるんだよ、不思議だね~」ってウチの先生も言ってたよ。
キャリアだからって悲観するこたぁないわね。
みんなおごちゃんに続け!だわ。
ふぁんじにdot 2006.02.23 22:22 | 編集
最初の検査結果が間違っていたとかって事ないの?
検査キットって、人間の目で見て判定するんでしょ?
漢方で陰転したって話聞くけど、ほんとうなのかなぁ。
hiromidot 2006.02.24 00:03 | 編集
ふぁんじにさん
悲しんでばかりじゃあ、見えるものも見えなくなるよね。
現実は変わらなくても、気持ちの持ち様1つだなと。
なかなかそこんとこの切り替えが難しいんだけどさ。

hiromiさん
検査用のキットは100%有効ではないだろうね。
でも、おごはやっぱり白血病に感染してたと思うよ。
あのリンパの腫れ方は、只事じゃあなかったからね。
陰転するかしないかは、その子の持って生まれた力なんじゃないのかなぁ。
あとは運とか。
おごを見てたら、そんな気がする。

nekorondadot 2006.02.24 01:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top