--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
02.18

技を磨く

Category: 未分類
キューザは小器用にドアを開ける。
家の中のドアは全て同じ仕様なので、開けようと思えば全部のドアを開けられる筈だ。
しかし、開けたいドアと開けたくないドアがあるらしい。
開けたいドアはダンナと私が開けられたくないドアで、開けたくないドアはダンナと私が開けられても良いと思っているドアだ。
何だか私達の心の中を覗かれてるみたいだね。
何で開けるんだろうと考えてみた。
部屋の中に興味が有る訳ではなさそうね。
どうも開ける事に意義を見出しているふしがある。
「何でドアを開けるの?」
キューザはきっとこう答えるだろう。
「そこにドアがあるからよ!」

2006_0111_143547AA.jpg

業師キューザ。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/30-fd1fa756
トラックバック
コメント
nekoronda家の猫を全て把握しきれてない・・・
ロシアンみたいなコがいたのね。
キューザって・・・ヒューザーと間違えそう(^^;)

ドアは、取っ手に両面テープつけておくと開けないって
テレビでやってたよ。
hiromidot 2006.02.19 11:23 | 編集
そう。
なんちゃってロシアンなの。
美人でしょう。
だから雑種なのね。
ホンモノは不細工な子が多いもの。
実家のロシアンもそうだったわ。

ドアは、ノブを変えました。
レバーじゃなくて回すやつにね。
何だか不恰好だけれど仕方ない。
さすがに回して開けたりはできないでしょうよ。
でもねぇ、開けるとこじっと観察してるのよ。
少し不安は残る。
nekorondadot 2006.02.19 12:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。