--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
12.11

こまうぉVS幸

Category: 未分類


優しいね、こまねえちゃんはね。
そうは見えないかもしれませんけどね、ちゃんと手加減してくれてる。
やっぱりアメね。
ハジャねえちゃんじゃ、こうはいかない。
なんたってムチだもの。

昨日の事。
病院にて。
まだ膀胱にオシッコがのこってる感はあったけれど、自分なりに掴みはOKって感じだったので、意気揚々と先生に「今日はいかなりいけてると思います」と宣言。
「それは良かったですね。」
と先生がおっしゃりながら膀胱をギュってすると、出るわ出るわ。
何これ?
「結構残ってたんですね。」
「ん~、4割くらいね。」
「4割?」
「はい。」
「2割じゃなくて?」(見てて分かったけれど一応聞いてみました)
「はい。」
「朝昼夕と3回絞ったんですけどね。」
「回数は、あまり関係ないと思いますよ。」
「・・・」

そりゃあそうだよねぇ。
そんな簡単に達人になれる訳ないって。
千里の道も一歩からってね。
そうそう。

幸ちゃんは脱肛している。
だから肛門の粘膜が剥き出し。
その粘膜が肥厚してきていると先生に言われた。
そう言えば、うんちがだんだん細くなってるものね。
このまま行くと、圧迫排泄での排便は無理かもしれないって。
強制的にうんちを掻き出さないとダメかもとも。

えーっ!圧迫排泄排便の部さえさっぱりだっつうのに。
どうする私。
どうなる幸ちゃん。
まあ、どうにかなるっ!
か?

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/297-17fb6f7b
トラックバック
コメント
何度も再生して見ちゃったわ。
幸ちゃんにとっては生まれながらの体だから
我々が思うほどの不自由さはないのかも知れない。
生きる力が漲ってるね、嬉しいわ。
パワーをもらえる。

圧迫排泄は大変だと思うけど幸ちゃんが
幸ちゃんらしく過ごせるのはnekoronda家以外に
ないと思うから圧迫排泄道を極めて下さい。

こまうぉねえちゃん、名前の通りの子だわ。
ふぁんじにdot 2007.12.11 21:56 | 編集
初めからパーフェクトは難しいですよ。
私もインスリン投与を始めた頃、大の皮膚を貫通させて自分の指に刺して「低血糖起こす!」と大騒ぎしていましたね。
インスリンをしっかり打てているのかわからないことも良くありましたし、血が逆流してパニック起こしながら先生に電話したこともありましたね。
毎日やっていれば慣れるでしょうし、コツがわかりますよ。
nekorondaさんのことだから、できなかったら病院に走るでしょうしね。
頑張ってくださいね。

こまちゃんも幸ちゃんも楽しそうですね。
それに、とても元気で嬉しいですね。
保護直後の姿がウソのようですよ。
大ママdot 2007.12.11 22:36 | 編集
★ふぁんじにさん
マリリンちゃんや家のタビが、全盲でも何の不自由も無く暮らせているのと同じなんだろうなぁ。
でも、彼女達より少し厳しいかもしれないな。
って気はする。
幸ちゃんの生命力は、たいしたもんだと思うわ。
ホントにね、パワーをもらえます。

圧迫排泄はね、便を出すのが難しい。
排尿はかなりいけるようになってきたけどね。
恐怖のお正月休みまでに何とかしないと!と気合入れてるとこ。
圧迫排泄道、極めますとも。

そうなの。
こまうぉさん、名前の通りよ。
良い子です。

★大ママさん
そうね。
欲張りすぎね。
焦らず確実に出来るようになれば良いのよね。
インスリンの注射を打つほうが難しそう。
それでも慣れちゃえば、どうって事無いの?
すごいね。

病院にすぐ走る。
走り過ぎ。
だって近いんだもん。
車で30秒あれば楽勝の距離よ。
まあ、それだけじゃないけど。
何かあったら、悔やんでも悔やみきれないもんね。

こまうぉ、ハジャ、幸のトリオ。
皆元気よ。
毎日ドタバタやってる。
まあ、なんせ凄いパワーだわ。
嬉しい悲鳴を上げてます。










nekorondadot 2007.12.12 21:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。