2006
02.02

どこの子なの?

Category: 未分類
我家の駐車場の植え込みの中で、ひっそり息絶えていた猫さん。
昨日見た時にはいなかった。
去勢された♂。
栄養状態も良いし体格も立派だ。
外傷は無い。
交通事故にありがちな、内臓からの出血も見られない。
眼を閉じて横たわっていた。
何があったの?
お家に帰りたかったでしょう。
身体を拭いて、ダンボール箱にお花と一緒に納めた。
お線香をあげて手を合わせたら、泣けてしまった。
「幸せだった?」
魂は今頃飼主の元で、旅立つ準備をしているのだろうか。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nekoronda.blog44.fc2.com/tb.php/22-5eb04044
トラックバック
コメント
何があったんだろうね。
でも、誰にも気づかれず朽ち果てることがなく、最後をきちんとしてもらえて良かったよね。

PS.
hanatoqooさんの掲示板にnekoranndaさんへの書き込みしましたぁ。
見てくれぇ~。
あけみdot 2006.02.02 22:11 | 編集
nekorondaさん、ありがとう。

どこの子だったのかな、
丁重に葬ってもらえてよかった、、、

合掌・・・
なおちゃん@もも組dot 2006.02.02 23:17 | 編集
nekorondaさんと出逢いたかったのかもしれませんね。
ここならきちんと送ってもらえると思ったのでは?

nekorondaさんの優しさに感謝です。
その子、nekorondaさんのことをお星様になった子達と一緒に守ってくれますよ。
大ママdot 2006.02.03 00:08 | 編集
何が有ったのか判らないけど
きっとnekorondaさんの近くにいけば
丁寧に見送ってもらえることが判ってるのよ。

いつも思うけど外に出なければ起こらなかったことなんだろうね。
飼い主さんの元に戻った魂に気が付いてくれただろうか・・・
ふぁんじにdot 2006.02.03 00:26 | 編集
あけみさん
誰にも気付かれずにその一生を終える子達は
空恐ろしい数でしょう。
昨日の子は、そう言う意味からするとまだ幸せなのかしらね。
でも、本当に幸せなのはあんな形で死を迎えない事だよね。
胸が痛む。
掲示板、見たよ~。
また御挨拶に参ります。
しばしお待ちを。

なおちゃん@もも組さん
あたたかいお言葉、ありがとう。
猫さんの耳にも、きっと届いていると思う。
前の道路や敷地内で亡くなる猫さんが結構いるので、毎年こうやって不幸な死を迎えた子達のお弔いをしますが、辛いですね。
安らかにと祈って上げる事しかできないのが、無念です。

大ママさん
「後をよろしくと言ってるんだね。」
ダンナといつも交わす会話です。
「心配しないで任せて。安心してお行きなさい。」
家の子でも他所の子でも、安らかにと祈る気持ちは変わりないよね。
苦しい気持ちもね。
お気遣い、ありがとう。

ふぁんじにさん
この子の飼主が、「やまちゃん」の飼主みたいじゃない事を願うばかりだよ。
「あら、死んでたのね。」じゃあ浮かばれないわ。
どうにか気付いてくれるといいんだけどね。
気付かなきゃウソだと思うんだけど。
飼主失格だわね。




nekorondadot 2006.02.03 17:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top