FC2ブログ
2019
11.25

出たい!

Category: 未分類
毎日毎日鳴きまくりの芳一。

お外の暮らしは、楽ではなかったと思うんですけどね。

耳ちぎれ、エイズ&白血病、下顎には
ほぼほぼ歯はなく、猫ハジラミもいて。
多分マンソンとかも、飼っていらっしゃることでしょう。

それでもお外に帰りたい。

あなたがね、エイズだけなら返してあげました。
でもね、白血病となると、そうはいかないのです。

続きを読む
スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2019
11.21

ダブルキャリア

Category: 未分類
我が家の庭猫さん。
左耳を、たぶん喧嘩で失ってます。
最初見た時、なんと大胆な耳カットなんでしょ!と思ったのだけれど、そうではありませんでした。
いくらなんでも、根元に近いところでカットはあり得ませんもの。
なので、名前は芳一。

春先からたまにフラッと、しかも夜だけやって来るって子で。
身体は、皮膚病それともノミ?
所々禿げてて痒い様子。
しかも、毛に何か白いものが一杯ついてる。(これ、後で分かったことだけど、猫ハジラミでした。)
今までたくさん保護した子達の中で、いっちゃんと張る位のひどい状態。
早く捕獲しないとと、気持ちだけが先走り。
だけど、捕獲しようと病院に予約を入れると来ない。
野生の勘か?

そうこうしながら、春が過ぎ夏が過ぎ。

その芳一が、3週間ほど前から、ちゃんと毎晩来るようになりました。
先生に、予約を入れなくても、捕まえたら連れてきて良いよと言って頂いた翌朝。
それまで夜しか来なかった芳一が、何と庭で寝てまして。
即捕獲、病院へ。

いつもは、全身チェックとワクチン接種だけだけど、髭に力がなくてまばらなのが気になって、エイズ白血病の検査も依頼しました。

夕方迎えに行くと、「残念ですけど、エイズ白血病両方出ました」と先生。
嫌な予感は、よく当たります。

かくして、TNRはTNと相成りました。


捕獲前の芳一


家猫1日目
めっちゃ鳴きます。


コレが件の猫ハジラミ。
白いのは、卵じゃなくてシラミさん。
フロントラインしてもらいました。
でも、1度じゃダメみたいです。
Comment:2  Trackback:0
2019
11.06

気付いてあげられなかった

Category: 未分類
先々週火曜日の夜、娘が「うたえの呼吸がおかしい」と言い、見れば本当にお腹が波打っており、少し口呼吸をしていた。
いつから?
娘は「前にも何かおかしいってママに言ったよ」と。
それいつ?
全然記憶に無い。
そう言えば、朝ご飯を食べなかった。
夜も。

翌日の水曜日、朝イチで病院へ。
胸の音がおかしいのに、胸水は溜まっておらず、少し抜けた血液様の体液は、その殆どが血液の成分で、大きなリンパ球が2個散見された。
レントゲンを撮ると、 肺がほぼ真っ白で、僅かに黒い部分があった。
液体ではなく固体。
多分腫瘍だろうと。
この状態で生検は無理なので、何であるかは不明と。
気管支拡張剤とステロイドを注射。
セカンドオピニオンを求めるためのレントゲン写真を頂き、レンタル酸素ボックスの業者さんの連絡先を伺って、病院を後にした。

レンタル酸素ボックスの手配をし、その足でセカンドオピニオンを求めるために、知り合いの先生がお勤めしている動物病院へ。
車で10分の距離なのに、とても長く感じた。

病院は、混んでいたけれど、すぐに診察して下さった。
結果は、やはり同じ。
治療法も同じ。
緩和ケア。
うたえに、しんどい思いをさせただけだった。

帰宅後、業者さんにレンタル酸素ボックス
を設置してもらい、うたえを中に。
この中だと楽なようで、いつものようにご飯を食べた。
ステロイド注射の効果も相まって。

20191106141028640.jpg

翌日から抗生剤とステロイド注射。
日曜日、ボックス内でも少し口呼吸をするようになり、その旨先生に伝えると、「そのままそっと見守ってあげて」と。
そして水曜日。

ごめんね。








Comment:0  Trackback:0
back-to-top