FC2ブログ
2019
02.07

発達障害

Category: 未分類
ウォルターは、脳に異常があって左眼が見えません。
右眼も、視野のほとんどが欠けているようです。

小さい頃は後ろ足が、なかなかしっかりせず、踏ん張れないために、おかしな歩き方をしていました。
今は、ちゃんと歩けていますし、走ることも出来ますが、高い所には飛び乗れません。
これも、やはり脳の障害に由来しているのではと、先生はおっしゃいます。

また、嗅覚も劣っています。
なので、目の前にカリカリを置いても食べません。
他の子が食べているのを見て、食べ物だと認識をして、その子が食べている物を食べるのです。
眼前のカリカリには目もくれずに。

そして、1番厄介な事。
オシッコをおトイレで出来ません。(ウンチは、ほぼほぼ出来るのですけれど)
ただ、場所に拘りがあるようで、2階ではしません。
1階の特定の場所でするのです。
それなら、そこへペットシーツでも敷いておけば?と思われるでしょうが、敷くとそこを外してするので意味無し。
おトイレに入れると、そこで素直にしてくれる時もあるけれど、朝の寝起き時以外は、そのタイミングを正確には掴めません。
結局、打つ手無し。
これ以上、拘りの場所が増えない事を祈るばかりです。

DSC_1174.jpg

小っちゃい時のウォルター

DSC_0472.jpg

今はこんな感じ

身体は成長していますけれど、心は赤ちゃんのまんまです。

最後に、ウォルターの名誉のために言っておくと、2か月に1度(決して1日ではありません)位は、自主的におトイレでオシッコできるのですよ。
その時は、家族みんなで拍手喝采。


スポンサーサイト



Comment:2  Trackback:0
back-to-top