FC2ブログ
2019
02.25

難治性口内炎

Category: 未分類
めめがそうでしたけれど、亘も。

ぷっちょもそうですね。

いっちゃんも。

でも、亘は他の子達と違って、若年性です。

今年6歳ですが、口内炎は4年前からです。

今まで、何とか食べられていたのが、ここのところさっぱりで。

先週、病院へ。

鎮静をかけて、口腔内を診て頂きました。

歯肉というより、喉の奥が腫れて真っ赤。

勿論歯茎も、喉ほどではないものの、やはり赤くなっていて。

それに、奥歯が1本、虫歯に罹患していましたので抜歯。

コンべニアとステロイドを注射して頂いて帰宅しました。

亘の口内炎は、めめと同じパターン。

全抜歯の有効率は、低いようです。

ちょっとかなりため息。

同じ病気で苦しんだ、めめを思い出します。

DSC_0483.jpg

鎮静剤が効いているうちに、手足とお尻をを洗って、毛玉や何やかんやを少しだけ切りました。
やはり、バリカンが必要だなと実感。
今年の夏は、サマーカットに挑戦したいと思います。
って、超超ビビリンチョの亘には、無理かなぁ。
ブイーンって音で、即撤収~。

















スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2019
02.18

やっぱ食べたい

Category: 未分類
あたしね、何とか毎日出てんだ。

だから、おトイレでめちゃくちゃいきんでもダメで、ゲロ吐いちゃったり、お腹がポンポコリンで苦しくて、ご飯が食べられなくなったりは、しなくなった。

それはね、ちゃんとウンチが出るようになるご飯を、食べてるから。

でも、あたし、そのご飯嫌い。

皆と同じ、美味しいご飯食べたい。

食べたいんだよぉ。

DSC_0463.jpg

1ヶ月に1度だった摘便が、1週間に1度になった事から、カリカリを療法食に完全に切り替えました。
以前、コマの抵抗に遭いあきらめたけれど、もうそんな悠長な事言ってる場合じゃなくなって。
他の子達の食べ残しが、1粒でも残ってやしないかと、眼を皿のようにして探すコマ。
1粒落ちているのを見つけて、本当に嬉しそうに食べる姿は、見ていて切ないです。
でも、仕方ないもんね。















Comment:2  Trackback:0
2019
02.12

激痩せ

Category: 未分類
ハーは、元々食が細くてスリムな体型。

スラーッとしてて綺麗です。

なんて悠長な事言ってるレベルでは無くなって来て。

元気はあるのですけど。

で、悪戦苦闘の末、捕獲。

血液検査のため病院へ。

それが1月の事です。

お水をよく飲むので、きっと腎臓が・・・

と、悪い数値を覚悟。

ところが、ふたを開けてみると、CRE BUNだけでなく、他の数値も正常で。

良かった~と、狂喜乱舞していたら。

「今入口なのかもしれません。」と先生。

絶句。

DSC_0294.jpg

去年8月のハー

DSC_0409.jpg

最近のハー

病院に行くと言う基本の基から既に、超超超超非協力的なハー。

先の事を考えると、凹みます。











続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2019
02.07

発達障害

Category: 未分類
ウォルターは、脳に異常があって左眼が見えません。
右眼も、視野のほとんどが欠けているようです。

小さい頃は後ろ足が、なかなかしっかりせず、踏ん張れないために、おかしな歩き方をしていました。
今は、ちゃんと歩けていますし、走ることも出来ますが、高い所には飛び乗れません。
これも、やはり脳の障害に由来しているのではと、先生はおっしゃいます。

また、嗅覚も劣っています。
なので、目の前にカリカリを置いても食べません。
他の子が食べているのを見て、食べ物だと認識をして、その子が食べている物を食べるのです。
眼前のカリカリには目もくれずに。

そして、1番厄介な事。
オシッコをおトイレで出来ません。(ウンチは、ほぼほぼ出来るのですけれど)
ただ、場所に拘りがあるようで、2階ではしません。
1階の特定の場所でするのです。
それなら、そこへペットシーツでも敷いておけば?と思われるでしょうが、敷くとそこを外してするので意味無し。
おトイレに入れると、そこで素直にしてくれる時もあるけれど、朝の寝起き時以外は、そのタイミングを正確には掴めません。
結局、打つ手無し。
これ以上、拘りの場所が増えない事を祈るばかりです。

DSC_1174.jpg

小っちゃい時のウォルター

DSC_0472.jpg

今はこんな感じ

身体は成長していますけれど、心は赤ちゃんのまんまです。

最後に、ウォルターの名誉のために言っておくと、2か月に1度(決して1日ではありません)位は、自主的におトイレでオシッコできるのですよ。
その時は、家族みんなで拍手喝采。


Comment:2  Trackback:0
2019
02.04

ちょっと気を抜いてね

Category: 未分類
輸液をさぼってましたらね。

タビさん、腎臓の数値が悪くなってました。

やっぱり毎日しないとね。

でも、先生曰く。

「下降ラインがなだらかなのは、立派です。」

頑張るのだ!

私がね。

タビさんは、十分頑張ってますから。

DSC_0419.jpg

やはり眼の悪い、タルトと共に。










Comment:4  Trackback:0
back-to-top