--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
06.30

エスポー効果はあったけど

Category: 未分類
昨日、なっちゃんの血液検査に行った。

自宅で1日おきにエスポーを投与した効果は出ていて、PCV値が26%に上昇。

ところが、CREとBUNの数値は悲惨で、
CRE 9、67
BUN 測定不能
という結果に。

最近食欲も出て来て、‘’なっちゃん、いけてるかも!‘’と期待していただけに、ちょっとばかしショック。

だけと、仕方ない。

また、がんばろう。

で、エスポーの投与が週一回になり、毎日の輸液は変わらず。

何とか上向いてくれたらね。



なっちゃんは、猫の牛乳が嫌い。

牛乳が好き。

好きなもの、何でも食べれば良いのです。






スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
06.28

追記

Category: 未分類
おじの結石は、カテーテルでの尿道洗浄で取れたのではなく、先生が即席で作られた器具みたいなもの(先生談)を、尿道に挿入したカテーテルに通して、結石を引っ掛けて取ったのだそうです。
昨日は、オシッコの出口から、1㎝くらいのところにあった結石が、今日は5㎜くらいのところまで出てきていて、これなら工夫すれば、何とかなるのではと考えられたそう。
‘’ラッキーでした‘’と、おっしゃってました。

おじ、麻酔から覚めて、元気そうでした。



これが、おじの結石なり。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.28

尿路結石

Category: 未分類
先週土曜日の夜くらいから、おじの頻尿が始まり、おトイレで長い時間しゃがみこむようになったので、昨日病院へ。
食欲もあり、元気消失は無し。
なので、たぶん膀胱炎だろうと高を括っていたら、尿採取のカテーテルが全く入らず。
“尿道に石が詰まってますね、尿路結石です”と言われて、頭真っ白。
これ、ちょっと間違えば、急性腎不全から尿毒症を起こし、命を落とす危険性があったのだそうで。
それを聞いて、肝を冷やしました。
おじの場合、オシッコが僅かながらポタっって感じで出ていて、膀胱もカチカチに膨らんでいないので、セーフだったようです。
なので、慎重に様子見しながら明日手術と決定。
尿道にカテーテルを通し、尿道洗浄を行って少しずつ結石を排出させるやり方が、うまくいけばそれで良し。
うまくいかなければ、会陰尿道造ろう術(陰茎の部分を切除して、骨盤部の太い尿道を直接会陰部に開口させて、閉塞が起きないようにする手術)を行います。
つまりは、オチン◯ンなくなっちゃうって事?
のようでした。
ただ、予後も悪くないようだし、それほど心配しなくても大丈夫との事で、ほんの少しホッ。
おじ入院。

で、今日。
4時少し前に、院長先生から電話があり、
カテーテルでの洗浄がうまくいき、会陰~術を行わずにすんだ事。
レントゲン写真で、他に結石が無いことを確認した事。
尿検査で、ストルバイト結晶もシュウ酸カルシウム結晶も、検出されなかった事。
血液検査で、腎臓にダメージを被ってないことを確認した事。
今日一晩様子見で、異常がなければ、明日退院出来る事。
を説明して下さいました。

良かった~。



昨日のおじ。
診察台の上で。
緊張感満載でした。

嬉しいね、おじ。
あした朝一で迎えに行くからね。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.27

Category: 未分類
3姉妹一緒に里子に出るはずでしたが、里親希望者さんと、何だか上手く噛み合わず。
えっ?!てな感じで、没になりました。



仕方にゃいす。



Comment:3  Trackback:0
2016
06.19

不不(ぶぶ)

Category: 未分類
本日午前4時54分、永眠致しました。
Comment:0  Trackback:0
2016
06.14

実は

Category: 未分類
もう1 匹いるのです。

生後1ヶ月は、とっくの昔に過ぎてるって言うのに。

体重370グラムしかない。

どういう事かしらね。

フレンドリーな男の子です。

血液検査はクリア。

虫も居なくて。

ワクチンは、まだ無理なの。

里親募集致します。


Comment:0  Trackback:0
2016
06.01

次女からのメール

Category: 未分類
今日、次女からラインメールが来ました。

“今日、霊感があるいうイタコの人が患者さんで来てな。
私には、おばあちゃんが、最近までおったんじゃて。”

意味が分かりませんでした。
父方の祖母は、随分前に亡くなっていますし、母方の祖母つまり私の母ですけれど、彼女は健在です。

“で、あなたの家族に、ありがとうしかないって言うとるけど、もう無事向こうに行っとる、って言うん。”

“キューザかなと思ったん。”

・・・。

さよならも、ありがとうも、何一つ言えなかった、突然のお別れでした。

その事がずっと頭から離れず、苦しくて仕方ありませんでした。

死んだことさえ、なかなか受け入れられずにいたけれど、ほんの少しだけ気持ちが楽になりました。









Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。