--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
08.19

さよならコミケ

Category: 未分類
我が家の庭にご飯を食べに来ていたコミケが、昨夜家の前の道路で輪禍に遭い、命を落としました。

ひっそりと穏やかな子でした。

今は、ただただ辛くて泣いてばかりです。

後悔する事が山ほどあって、悔やんでも悔やみきれません。


スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
2015
08.12

退院したにゃり

Category: 未分類
大、久しぶりの我が家です。

昨年もそうだったけれど、今年も何がなんだか訳が分からないまま、決着した感があります。

先生は、長い獣医生活で初めてのパターンとおっしゃいます。

一般的な腎不全とは違うのかもと。

大の腎臓の細胞は、そこまで傷ついていないのではと。

何かが引き金になって、その何かは分からないけれど、腎臓の機能が一時的に損なわれる、そんな感じがするのだそうです。

まあ、何はともあれ、大が無事帰って来られて良かった。

今日は2人(?)共、よく眠れるに違いありません。

明日から1週間、毎日100ccの輸液をして血液検査。

結果次第で、輸液の間隔をあけてみる。

そして血液検査。

これを、しばらく繰り返します。




Comment:0  Trackback:0
2015
08.11

?の嵐

Category: 未分類
大、ご飯も食べられるようになり、オシッコも順調に出ていると言う事で。

昨日血液検査をしたところ。

CRE2,9

BUN41

PCV34

と、当に目がテンな数値。

先生は、ずっと頭をひねっておられました。

勿論私は、ワーッと叫びたいくらい嬉しかったですけれど。

面会に行くと、今日も大は好調の波に乗っており。

明日辺り、退院できそうです。


Comment:0  Trackback:0
2015
08.07

入院

Category: 未分類
昨年、腎臓疾患でもうダメかと諦めかけていたところ、奇跡的に復活し、まるで何事も無かったかのように普通に暮らしていた大ちゃん。

ところが、火曜日何だか微妙に元気なさげで水曜日に受診したところ、CREの数値が20を超えて測定不能。

BUNはなんと197。

即入院となったのですが、嘔吐も無く脱水もしていない事を不審に思った先生が、オシッコが出ていないのではと静脈輸液ではなく皮下輸液で様子見と判断。

結果、オシッコは出ておらず輸液も吸収されずでしたので、利尿剤を注射。

これが上手く効いて、大量の排尿がありました。

良かった!とホッとしたのもつかの間、利尿剤に反応しなくなったら打つ手は無いに等しいと言われてしまいした。

これからですが、輸液の量を調整し、オシッコが出るかどうかを確認し、利尿剤を使用するどうか判断する。

この作業がしばらく続くようです。

生きているのが不思議なほどの数値でも、「何だかいつもより元気ないね」な感じの大ちゃん。

それがより一層辛くて仕方ありません。
















Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。