FC2ブログ
2013
11.12

ちゃとじぃの事

Category: 未分類
先週の月曜日、ちゃとの様子がいつもと違ぃ、何だか変な呼吸をしているように見えました。
ノー天気な私は、これこそ家に入れる絶好のチャンスだと、「病院で先生に診て頂いたら、今日からちゃとは家の子だよ。」などと声を掛け、しんどそうなちゃとをキャリーに入れ、車に乗り込みました。
そして、発車させたその瞬間の出来事でした。
弱弱しく「うぉー」と声を上げ、ちゃとの時間は永久に止まってしまいました。
たった2分足らずの間に。

ちゃとは、心臓が悪かったようです。
かなり胸水が溜まっており、左肺は機能しておらず、かろうじて右肺が働いている状態でした。
「いつ何があってもおかしくなかった」と先生はおっしゃいました。

毎日、まるで命を削るように暮らしていたちゃと。
今になって初めて気付きました。
家の中を覗くようになったのも、妙に人懐こくなったのも、ちゃんと意味があった事を。

ちゃとのいない庭は、とても淋しくて。
いつも爪とぎをしていた段ボール箱に向かって、「ごめんね」と「ありがとう」を繰り返す毎日です。

草ぼうぼうの乱雑な庭を終の棲家と決め、こんなへたれのおばちゃんの元へ身を寄せてくれたこと、本当に感謝しています。







続きを読む
スポンサーサイト



Comment:1  Trackback:0
back-to-top