--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
11.30

無知と先入観

Category: 未分類
こぐろは、1日の大半を寝て過ごす。
食事と排泄の時以外は寝ていると言っても過言ではない。

こぐろは、誰とも遊ばないし、喧嘩もしない、意地悪もされない。
寝る時を別にして、どう言う訳だかどの子もこぐろに寄りつかないからだ。

だから、まさか怪我してるとは思いもよらなかった。
なぜって?
怪我をするような事を、全くと言って良いほどしないから。

なのに・・・

月曜の夜、こぐろが左目を瞑っていた。
涙が出ていたけれど、アクシデントに見舞われた形跡もなかったし、いつもと変わらない時間が流れていた。
眼を拭いても特に痛がりもしなかったから、あまり気にも留めず様子見。

火曜日、目やにがすごかった。
本来なら、ここで異変に気付くべき。
更に、点眼時、何だか眼球が変って思ったのに、以前燕優が結膜炎で同じような状態になったのを思い出し、勝手に結膜炎だろうと、日に3~4回の抗生剤入りの目薬点眼。

水曜日、やはり点眼。
少し目ヤニの量が減って来た。

木曜日、目ヤニはもっと減っていたが、夜点眼時に息をのんだ。
こぐろの眼球は、既にその体を成していなかったからだ。

そして今日、病院でこぐろの左目が永久に光を失ってしまった事を告げられた。

「火曜日にちゃんと受診していれば、こぐろは失明せずにすんだのでは?」と問う私に、先生は「そうとは言い切れません」とおっしゃった。
「傷が深ければ、その時点でダメだったと思います」と。
「ましてや、高齢でエイズキャリアなら尚更」とも。

怪我の原因は、わからない。

でも、そんなことはどうでも良い。
私の無知と先入観が、回復の可能性を0にした事は、紛れもない事実なのだから。

こぐろさん1

飼い主失格だなと思う。

ごめんね、こぐろ。



スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
2012
11.22

謎の少年

Category: 未分類
一生懸命長文をしたためたのに、PCの調子が悪く、一瞬にして記事が消えてしまい。
ただ今脱力感満載ですので、簡単に。

先月18日、庭に

chibita1.jpg

顔はきじだが

chibita2.jpg

身体はアメショー的な子が現れ

そのまま庭に居ついてしまい

昨日、去勢 血液検査 ワクチン接種が終わり

chibita3.jpg

今は、こんな状態。

推定年齢 6ヶ月
飼い猫さんなんだかノラさんなんだか。
人馴れしてます。
家電製品、怖くない。
お風呂もへっちゃら。
猫じゃらし、大好き。
名前をチビ太と言います。

これからどうするかは、未定。
Comment:8  Trackback:0
2012
11.21

Category: 未分類
先週の金曜日、キックが右前脚を負傷。

骨折かと慌てて病院へ。

結果、骨折ではなく、どうも喧嘩で噛まれたみたい。

全治10日の診断を受け、先生のアドバイスもあり、リビングのケージで養生させる事に。

亡くなったダッシュと違い外向きなキックは、「出せ~~~~~~」と鳴きまくるけど。

ダメダメ、もう少しの辛抱だからね。

頑張ろう。

DVC00867.jpg

「もういくつ寝ると出られるのかなぁ?」




Comment:2  Trackback:0
2012
11.13

毛玉2号

Category: 未分類
本日午前5時24分 永眠致しました。
Comment:2  Trackback:0
2012
11.13

毛玉1号

Category: 未分類
本日午前7時4分 永眠致しました。
Comment:0  Trackback:0
2012
11.12

おご

Category: 未分類
本日午前5時59分、永眠致しました。
Comment:1  Trackback:0
2012
11.09

ちびーず

Category: 未分類
先々週の水曜日、ふわふわの真っ白い毛玉が2つやって来ました。

busaiku.jpg

ダンナのゴルフ仲間からのSOS。
「会社の倉庫で野良母さんが産んだようなのだけれど、どうも置いてけぼりになったみたい」との事。
「どうしよう」とダンナ。
もう気持ちは決まっていただろうにね。

女の子1    男の子1

左が女の子、右が男の子
そっくりで見分けがつかない。
あれから2週間ちょい。
大きくなりました。
と言いたいとこだけど、何だか子猫らしい溌剌さが全然で、ご飯もあんまり食べません。
血液検査の結果も問題ないし、健診でも悪い所は無かったんだけどね。
今、2ヶ月くらいだけど、里親募集できるのかな。
ちょっと心配。

そして、今週の月曜日。
更に2匹の子達がやって来ました。
知人のところから。
毎日ウォーキングで通る公園に捨てられていたのだそう。
その日のうちに里子に出たのだけれど、先住わんちゃんの恐ろしいまでの拒絶反応により、お戻しになったとの事。
彼女のお家にも、超が付くほど気の荒い先住猫さんと気性の激しい豆柴がいて、保護が儘ならないとの事で我が家へ。

おねえちゃん    黒豆2

お姉ちゃんが3ヶ月半くらい。
妹にゃんが1ヶ月半くらい。

捨てられていた段ボール箱には、ミルクとカリカリが入れてあったのですって。
お姉ちゃんが、小さい子をお腹にしっかり抱えて守っていて、すごく健気だったって知人から聞きました。
物凄く人懐こくて栄養状態も良いから、野良さんではないみたい。
ここまで育てて、何で捨てるかなぁ。

血液検査もクリアしてるし健康状態も良いから.、この子達は里親募集を始めようと思っています。
良い御縁を手繰り寄せられるかな。

で、里親募集していたべぇですが、何件かお問い合わせを頂くも御縁を結べませんでした。
しかも、粉ミルクとシリンジで育ったと言うのに人に興味がなくて、抱っこもイヤ撫でられるのもイヤ、あれもこれもどれもそれもイヤ状態でして・・・
我が家の子になりました。

べべ1

小っちゃい子達がたくさんいて、めちゃくちゃ楽しい毎日を送っています。
小っちゃい子達にとっては、とんだ災難っぽいですが。





Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。