--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
06.30

内緒の話

Category: 未分類
あのね、私ね、また背負い込んじゃってんの。

何を?って。

言えない。

だって、内緒の話だもん。

30分おきの給餌。

これがヒントです。

って。

生き物飼ってるってバレバレじゃん。

もう、まじトロいわ、私。

ピピピピピピピピ。

あっ、お知らせタイマー鳴ってる。

給餌の時間だ。

んじゃ、また。


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2012
06.27

新しい家族

Category: 未分類
名前をちーと言います。
キジ白の女の子です。
推定年齢、11~12歳
凄くシャイで、穏やかな子です。

ちーちゃん

先週末、おごの血液検査に行った折、古くからいらっしゃるアシスタントさんからご相談を受けました。

「当院の患畜で、飼い主さんが入院なさり、今は妹さんが少し遠い所から2、3日に1回通いでお世話されている猫ちゃんがいるのですけれど、昨日、退院できる見込みがなくなり、私も妹も高齢なうえ、自宅は借家でいつまでもいられる訳ではないので、そういった猫さんを受け入れて下さる施設若しくは団体は無いでしょうかと、飼い主さんからお問い合わせがあったのですが、どこかご存じではありませんか?」と。

本当に良くあるお話です。
飼い主さん、どれほど心を痛めていらっしゃるでしょう。
でも、私には全く心当たりがありませんでした。
唯一、代表の方と少しだけ面識のある保護団体も、今被災猫さん達の受け入れで手一杯で、とても無理な状況です。
「残念ですけれど、私の知る範囲では無いです。」
そう答えるしかありませんでした。

聞けば、我が家から目と鼻の先にお住まいです。
何と寝室のロフトから、そのお宅が見えるのです。

更に、その猫さんは交通事故で瀕死の重傷を負い、右後脚をopeで断脚しています。
右前脚も、粉砕骨折のため手の甲がぐにゃぐにゃで、「opeで何とか身体を支えられるようにだけしました」と先生。
見てもないのに、その姿が目に浮かびます。

右半身血まみれで前足はぐちゃぐちゃ、後ろ足は皮1枚で繋がっている状態。
それなのに、野良さんゆえ死に物狂いで逃げ回りなかなか捕まらず、1週間粘りに粘ってやっとの思いで猫さんを保護して下さった飼い主さん。
「どんな姿になろうとも、これから先ずっと私が面倒をみます。」
そうおっしゃってopeを依頼なさったそうです。
2014年3月の事でした。

「我が家で良ければ!」
思わず口をついてでちゃいました。
あーあ、やっちゃった。
だって・・・
ねぇ。

で、昨日。
健診を済ませて我が家へ。

10年もの長い間、飼い主さんと1人と1匹でひっそり暮らしていたちーちゃん。
意地悪なガキやデリカシーのない若造たち。
あんな子やこんな子がワンサカいる我が家では、居心地が悪いかもしれません。
でも、ゆっくりで良いから、“ここが終の棲家”そう思ってくれるようになればね、とてもとても嬉しいのに。




Comment:2  Trackback:0
2012
06.24

検査結果

Category: 未分類
ぎんこ

GOT 453→72,3
GPT 331→211

と、劇的にとはいかないまでも、そこそこの改善がみられました。

そして、どうした事か、PCV値が15→23と上がっており、先生も私もびっくり。
耳も鼻も、ほんのりピンク色になってる筈だわ。

gwinko1.jpg

そのわりに、どんよりしてるのは何故かしら。
ちょっとね、やな感じ。

おご

BUN 139→87
CRE 14,7→9,5

と、それなりに。
でも、ご飯は、ほんのすこーししか食べません。
強制給餌の日も近い?

おごちゃん

更に自宅輸液の日々は続きます。
いい加減おごには嫌われてる。
これで強制給餌なんて始めようもんなら・・・

考えたくありませんね。



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      
Comment:3  Trackback:0
2012
06.20

私ね

Category: 未分類
肝臓まで悪くなっちゃってんの。

貧血も、ほんのちょっぴりすすんでんの。

今日再検査。

ドキドキするわ。

gin1.jpg

ぎんちゃん、超低空飛行ながら頑張ってます。

くっすんの末期のPCV値が13%でした。
ぎんちゃんは、15%

猫さんの正常値が33~45%だから、かなり低い。

更に、肝臓の数値が悪くなっちゃいまして。

GOT453(正常値8~33)、GPT331(正常値11~50)

もう、シャレにならない位悪い数値です。

肝臓のお薬服用中。

何が原因?

わかりません。

ぎんちゃんは、貧血もそのせいですが、骨髄に異常があります。

諸悪の根源は、そこにあり。

のようです。


Comment:2  Trackback:0
2012
06.17

すずめさん

Category: 未分類
お星様になりました。

大空へはばたかせてあげたかったけれど。

ごめんね。


Comment:2  Trackback:0
2012
06.17

腎不全

Category: 未分類
おごの食欲がなく、何だか痩せてきたような気がして昨日受診したところ、腎不全でした。

しかも、CRE14,7 BUN139と言う、恐ろしく悪い数値で。

彼女は、リビングの隣の部屋で、くらぞう、みじまきと一緒に暮らしています。
猫があまり好きではないので、いつからか気の合う2匹と共に部屋を出たり入ったりの半隔離生活を送っているのです。

ところが、1週間くらい前から妙に部屋から出て来たがって仕方ありませんでした。
今にして思えば、しんどくて心細かったのでしょう。
夜は、次女にぴったりと寄り添って寝ていました。
何と言っても、おごの保護主は彼女ですから。

それにしても、何でもっと早く彼女の変調に気付かなかったのか。
絶対サインは出ていたはずなのに・・・
見逃してます。
今更ですが、後悔の嵐です。

入院加療の必要性が無い訳ではありませんが、おごの性格から言ってきっと凄いストレスになると思うので、先生と相談の上明日から毎日自宅輸液です。

まだ8歳。
若すぎます。

onnpui.jpg

これからが、勝負だよ!

Comment:5  Trackback:0
2012
06.15

獲ったどー

Category: 未分類
じゃないっ!

放しなさいっ!

と、どや顔のキックから奪回したのは、すずめさん。

元気そうだからリリースって思ったら、尻尾の羽根(?)がナイ。

これじゃあ、ちゃんと飛べないわ。

何でナイのかわからないけれど、ちゃんと生えて来るって先生がおっしゃったから、満願成就のその日まで我が家にいてもらう事にしました。 

suzume1.jpg

こんな感じで、尻尾の羽根がありません。

suzume3.jpg

でも、食欲はあります。

ミルワーム、がっつり食べます。

suzume2.jpg

狭いながらも楽しい我が家。

そう思ってくれたら良いな。                   







Comment:2  Trackback:0
2012
06.07

どうすれば良いのだろ

Category: 未分類
ダッシュが風になって、1ヶ月が経ちました。

呼んでも呼んでも姿の見えないダッシュを探して、庭中を歩き回り鳴き続けていたキックも、少し落ち着いたようです。

それでもやっぱり淋しい。

ダッシュがよく上っていた木や、キックをびっくりさせようと潜んでいた植え込みに向かって、一生懸命鳴いている姿を時々見かけます。

生まれた時からずっと一緒だった2匹。

暑い夏も寒い冬も、2匹で乗り越えたのだものね。

ダッシュを失った時のあの辛さを2度と味わいたくないと思う私は、これからキックをどうすれば良いのか、考えても考えてもなかなか答えを出せずにいます。

dassyuhadoko.jpg

「ダッシュ君、どこだぁ?」

kikkukunndesu.jpg

「返事くらいしてくれても、良いと思うぞ。」












続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2012
06.05

フラッ茶コンビ誕生

Category: 未分類
初対面は、シャーフーだったフラッペ君と茶々丸。

ところが・・・

昨日は一日中、威嚇しながら様子も見ていた茶々丸くんと
フラッペくんですが、今日には兄弟みたいに仲良く遊んだり、寄り添って寝たりしています。

その姿がとても微笑ましくて、つい何枚も写真を撮っています(^^)

今日の茶々丸くんとフラッペくんの写真を添付してます(^^)

では、また近況報告させて頂きます


なんですって。

人知れず消えてしまっていたかもしれない2つの命。

1.jpg  2.jpg

3.jpg

ここにこうして。

こうして。
Comment:2  Trackback:0
2012
06.03

茶々丸の旅立ち

Category: 未分類
茶々丸が、新しいご家族の元へ。

迎えて下さったのは、白血病の3兄弟を最期まで深い愛情で包み慈しんで下さったお若いご夫婦。

お話を伺うと、余りの壮絶体験に絶句でした。

茶々丸、絶対幸せになれる!

そう確信した瞬間でもありました。

そして更に、嬉しい事が。

茶々丸にお友達を迎えて下さる予定が前倒しになり、お家には既に子猫さんが。

この子がまた素晴らしく可愛くて。

茶々丸、完全に負けてます。

さて、その2ちびーず。

会った瞬間同時に「シャー」。

笑えました。

DVC00527.jpg

フラッペ君。
茶々丸と同じくらいの月齢です。

男の子同士。
きっとすぐに仲良しになれるでしょうね。

2週間のトライアル。

は、必要ない感じ。

が、しています。










Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。