2011
11.21

ありがとうございます

Category: 未分類
アイルちゃん!

111031_2150~390001

幸せ太りだっ!

110916_0002~51

甘えんぼさん!

昨年11月辛い事があった中、このアイルちゃんの旅立ちは、心をほっこり温めてくれました。

ホント、嬉しかったな~。

そのアイルちゃんのお母さんからのメールです。

●●家の皆さまへ
ご無沙汰をしてました、●●です。

アイルがうちの子になってちょうど一年になりました♪
まだまだやんちゃ盛りですが、どえんぶりもなかなかのもので、まるまる大きくなってますよ

抱っこ大好きで、後ろからでも飛び掛かってくるので夏の間は背中の生傷が絶えませんでした(^_^;)

この一年、おしゃべり大好きで元気いっぱいのアイルがいるだけで家中が賑やかになりました。
これも●●家の皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました。

たくさんの猫ちゃんと生活していると楽しい事や嬉しい事、悲しい事も、私の想像以上にたくさんあると思いますが、●●さんあっての猫ちゃん達なので、どうかくれぐれも身体に気をつけて下さいね!

またアイルにも会いに来て下さいね!
いつでも待ってます!


早いもので、あれから1年。
お嬢ちゃんに赤い糸を手繰り寄せてもらったアイルちゃん。
幸せ太りなんて言っちゃったけど、福々しくて可愛い。

私は、今年もまた辛い時を過ごしていますけれど、我が家から旅立っていった子達のご家族からの幸せ便りが、沈みがちな気持ちを優しく包んでくれています。

Kさん、お気遣い下さって本当にありがとうございます。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2011
11.12

再びの悪夢

Category: 未分類
去年の11月10日、私は泣いていた。
こまっちゃが、FIPと診断されたから。

そして今年の11月10日もまた、私は泣いていた。
ぎんちゃんが、FIPもしくは骨髄性白血病の可能性が高いと診断されて。

6日の日曜日、ぎんちゃんの耳が異様に白い事に気が付いた。
血の気が無いみたいに。
そして熱もあるように思えた。

翌日受診。

検温すると、39、8度。
一般血液検査の結果、内臓系には異常なし。
PCVも27、4%となんとか正常値だったが、TPは8、9と良くない。
白血球の数も40000を超え、血小板数もかなり多かった。
腹水胸水及び腹腔内腫瘤は認められず。
血液化学検査を行う事に。

そして一昨日、検査結果が出た。
コロナウイルス1600倍。
γグロブリン34、8g/l

これだけならほぼFIPに間違いないのだが、先生はγグロブリンの波形が何か違うような気がすると。
白血球の数の多さ、異形の血小板。
骨髄性の白血病の可能性も捨てきれないと。

なので、ステロイドの投薬は続ける事に。
比較的食べられているので、輸液はせず。

ginntyann1.jpg

お月様みたいに真ん丸なお顔だったぎんちゃん。
こんなに痩せてたのに、何故気付かなかったのだろう。

ごめんね。

涙は枯れた。
もう泣かない。














Comment:3  Trackback:0
2011
11.08

ハッピーメール

Category: 未分類
クロエくんのパパからメールが来ました。

昨日、クロエは去勢手術を受けました。
無事手術も終わり、安心しています。

クロエはというと今日も、ご飯をたくさん食べ、イヴとガッツリ遊んでおります。
ご飯をガッツリ食べる為、おデブではないのですが、3.2㎏とすくすく育って?育ちすぎて?います。

乳歯も全部抜けたようで、徐々に大人へと成長中です。


DSC_0064.jpg

DSC_0065.jpg

ホントだ!
大人の歯になってますね。

DSC_0069.jpg

イヴちゃんとのツーショット。
何だかイヴちゃんの方が、お姉ちゃんみたいですね。
クロエ君、しっかりしなさい!

先ずは、去勢手術も無事終わって良かった~。

今年は、随分と新しい家族を探している猫さんが多いと聞きます。
秋子もまだまだ生まれている様です。
温暖化のせいなのでしょうね。
なのに、なかなか新しいお家が見つからないと。
世の中あまり景気がよくないからなのかな。

それを考えると、人馴れも今一つのクロエ君に新しいお家が見つかった事。
奇跡なのかもと思ってしまいます。
コクシのおまけも付いていたのに。

Fさま、ホント感謝してます。
これからも、よろしくお願い致します。




Comment:0  Trackback:0
2011
11.01

不死身の男

Category: 未分類
昨日、くっすん退院致しました。

「絶好調ですので、お迎えに来てあげて下さい」と病院から連絡を頂き。

やったー!

「夜の投薬と食事は、済んでいます」との事。

ラッキー!

ところが、家に帰るなり「お腹すいたよ、ご飯くれろ」と催促しまくり。

もう食べたんじゃあ?と思いながらカリカリを出すと。

くっちゃん

まあ、わき目も振らず一心不乱に食べまして。

くっすん、復活の瞬間でござりました~。

これから先ずっと毎日の投薬が必要になりました。
降圧剤と血栓を出来にくくする薬と。
薬は嫌がらずに飲んでくれるから楽。

どうか再発しませんように!



Comment:0  Trackback:0
back-to-top