--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
07.30

残念っ!

Category: 未分類
くっすんの再手術は、うまくいきませんでした。
何とか成功してくれと祈ったのですが、残念な結果に終わりました。
前回の手術で定着した皮膚も、拡がりを見せる気配がありません。
なので、また湿潤療法へ戻ります。
でも、やらなきゃ良かったとは思っていません。
くっすんに辛い思いをさせてしまった事だけは、心が痛みますけれど。

術後の患部が落ち着いたら、病院で定期観察しつつ我が家で包帯交換を行う事にしました。
湿潤療法に欠かせないドレッシング材も、先生と相談しながら自分なりに工夫して使ってみようと思っています。
きっと月単位ではなく年単位の時間を要するでしょうけれど、コツコツゆっくりやっていきます。
但し、どんなに時が経とうとも、現状のまんまって可能性があるのも事実みたい。
まあ、その時はその時で。
何とかなるさ!ってね。

DVC00846.jpg

くっすん、爆睡の毎日です。
去勢手術の効果なのか、鳴いて徘徊する事も次女のお布団でオシッコする事もなくなりました。
まるでずーっと前から我が家にいるような錯覚さえ覚えるくっすん。
あの日出会わなかったら・・・
ホント出会えて良かったにゃり。

スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2011
07.28

退院しました

Category: 未分類
くっすん、本日無事退院の運びとなりました。

DVC00997.jpg

毎日の事で慣れたのか、包帯交換もおとなしく出来るようになりました。

DVC01000.jpg  DVC00546.jpg

前回の移植場所は、真ん中辺りの少し白い部分が多いところ。
ちょっと分かり辛いと思いますけれど。。
ここは、完全に定着しています。
切り取った皮膚にメッシュを入れて面積を大きくして移植しているので、とんでもなく気持ち悪い絵柄ですね。

そうそう、気の弱い方は見ちゃダメですよ。
って、もう遅いか。
んじゃ、見たの忘れて!
無理?
それなら、後学のために覚えておいて。
何の得にもなりませんけど。






Comment:2  Trackback:0
2011
07.27

見返してやるぞ!

Category: 未分類
疥癬猫さん、Sさんが姿を見かける前から会社の近くにいたらしい。

今日、北側のお宅の方が「あの猫いなくなったわね、どうしたのかしら?」ってSさんに話しかけて来たんだって。
「家のカーポートのところに何日も蹲ってたんだけど、何だか汚くて気持ち悪いし具合悪そうだし、ここで死なれちゃあ迷惑だから追い払ったのよ」って。

酷くない?
それが、世間の常識ってヤツ?

でもね、モノは考えよう。
そのお蔭でSさんの眼に留まったのだから、怪我の功名ってもんだわ。
疥癬早く治して、見違えるように綺麗になって、見返してやろうじゃないか。
ねっ!

DVC00992.jpg

「おう」

実際、綺麗になってきてんです。
眼だってちゃんと開くようになったし。
顔中に広がってたかさぶたみたいなヤツも、ポロポロ剥がれ出してる。
眼鼻の配置は、意外と良いぞ。
どんなお顔になるのか、楽しみだ~。


Comment:0  Trackback:0
2011
07.26

元気です

Category: 未分類
手術がうまくいったかどうかはまだ分からないけれど、くっすんはめっちゃ元気です。

うれしいぞ~。

朝1番の先生の回診時、「お腹すいた~、ご飯くださ~い」と鳴きまくったそう。

あらまっ。

山盛りのご飯もぺろりと平らげたのですって。

よしよし。

DVC00986.jpg

くっすん、空っぽになった食器を執拗になめまくり。

DVC00988.jpg

「もうないの?」

DVC00989.jpg

「お代わりの催促に行って来よう!」

くらいの勢いのくっすん。

今回、移植用にかなり広範囲に皮膚を切り取りました。

DVC00985.jpg

痛い思いをして頑張ったんだもの、きっと報われるよね。

さて、こちらは保護中の疥癬猫さん。

DVC00984.jpg

こんな感じ。

もう少し良い環境下に置いてあげられたらね。

取り敢えず、雨に濡れず風通しが良いって事で我慢してね。

本当は、ケージの中をちゃんと掃除してあげないとダメなんだけれど、物凄いパンチがすっ飛んで来るのでビビッて手抜き。

でも、ちゃーんとおトイレを使ってくれるからホント助かる。

DVC00990.jpg

アリガトウゴザイマス。





Comment:2  Trackback:0
2011
07.25

再手術

Category: 未分類
先々週に行ったくっすんの手術。
肘上から皮膚を伸ばしてきて縫合した箇所は失敗だったけれど、脇腹からの皮膚移植は7~8割方定着し成功と言って良いみたい。
それでも、定着部位は面積が狭く腱がむき出しの状態は相変わらずで、毎日の包帯交換はいつまで続くか先が見えない。
自宅で交換出来れば良いけれど、患部があまりにも大きく位置的にも素人では無理。
そこで、先週末先生と相談して再移植手術をする事に決めた。
定着部位は傷の半ばよりやや先寄り。
ポツンと離れ小島状態にあるので、空いている上下に皮膚を移植するのだ。

オペは今日。

前の手術から2週間足らずでの再手術。
心配ではあるが、術後病院で体調管理をして頂いているので、それほどリスクは大きくないように思う。

でもね・・・

エイズだし・・・

高齢だし・・・

麻酔から覚めるまでは・・・

ご飯も喉を通りません。

DVC00982.jpg

くっすん、成功を信じてるよ。
がんばれ!



Comment:1  Trackback:0
2011
07.24

福山へ

Category: 未分類
コクシが見つかった日、里親様にその事をお知らせし、今後どうするか3つのご提案をさせて頂きました。

その1 コクシが落ちてからお届けする
その2 当初の予定通りお届けする
その3 お話を白紙に戻す

すぐにお返事を下さいました、3番目はありませんと。

そして翌日、予定通りりあじ君を連れて来てくださいとのご連絡を頂き、本日りあじをお届けに参りました。

里親様は、お若いご夫婦です。
新しいお家で、床も壁も猫さん仕様だとお聞きしました。
りあじの体調次第ですが、お友達にと子猫さんを迎えて下さる計画も進んでおり、ご実家からエルちゃんと言う大人猫さんもお引越しして来るようで、人馴れがも1つだけど猫さん大好きのりあじには嬉しい環境です。

先ずは、2週間のトライアル。
GO GO!

あ゛~、写真撮るの忘れた~。




Comment:0  Trackback:0
2011
07.23

急遽

Category: 未分類
我が家に連れて来ました。
お家の中は無理なので、お庭にブラックケージを置いて。

何故かって言うと、やっぱり暑いし、土曜日午後~日曜日までSさんはお休み。
目が届かない時間が長すぎます。

そして、1番の理由は、Sさんの会社のお隣に喫茶店があるのですけれど、そこのオーナー(80近い御婦人)が「汚いから」って棒で追い払おうとするのです。
Sさんがいる時はまだしも、帰宅した後を考えると・・・

で、とにかく保護しちゃおうって事になって。

ところが、弱っていてもそこは野良さんパワー。
いくら分厚い皮手袋をしても、ちとヤバいです。
でも、捕獲器には入りません。
それじゃあって、Sさんがいらなくなったご主人愛用の釣り用の網を持って来て、パッてねパッて。
そのまま段ボールに入れて我が家へ。

DVC00979.jpg

鬱陶しいから、網を外して段ボールを取っ払ってあげたいけど。

DVC00980.jpg

もう少し落ち着いてからにしよう。

投薬後、1日2日は痒みが増すそう。
そこを乗り切れば、楽になるんだって。

もうちょい辛抱しれ!




Comment:0  Trackback:0
2011
07.22

疥癬野良さん

Category: 未分類
昨年、虐待されて死にかけていた子猫さん達を保護して下さったSさんからSOSの電話あり。
勤務先(我が家の眼と鼻の先にある)に突然現れた野良さんの様子がおかしいと。
顔はお岩さんみたいだし、毛も抜けて酷い状態だと。

早速会社へ駆けつけてみると。
駐車場にいたいた。

わー、これは可哀想だね。

ITTYANNF.jpg

疥癬だね。
それもかなり重症。

早速かかりつけの病院へ、お薬を頂きに向かった。
今日取り敢えずイベルメクチンを投与して、本来なら2週間後に再度投与なのだけれど、あまりにも酷いので1週間後にレボリューションを使用することに。

缶詰に混ぜると、どうにか完食。
うまく飲ませる事が出来ました。
よくなってくれると良いけどね。

ただ問題は、1週間後にも身柄を確保できているかって事。
野良さんだし、この辺りの子ではないし。
それに、この暑さ。
体力消耗も半端ない。
いつも駐車場に止めてある銀行員さんの車の下にいるけれど、明日明後日は銀行お休みだから車が無い。
居場所を確保できるのかな。
そうかといって、Sさんのお家へも我が家へも連れて帰る訳にはいかない。
我が家の保護部屋、帰郷してきた娘達の衣裳部屋になっちゃったからね。

さて、どうするかな。






Comment:0  Trackback:0
2011
07.21

コクシジウム

Category: 未分類
今日、譲渡前の健康チェックと3混ワクチン接種のため受診したりあじに、コクシが見つかった。
保護時の検便では見つからなかったのに。
今まで保護した子達の中でコクシが出たのは、りあじを含めて2匹だけ。
確かぎんちゃんだったと思う。
コクシは大変って聞いていたけれど、ぎんちゃんのコクシは1週間の投薬で落ちた。
その後の検便でも出ていない。

りあじは、食欲もあるし下痢もしていない。
体重も順調に増えている。
まさかコクシだなんて・・・

我が家の子になるかもしれないなぁ。
Comment:2  Trackback:0
2011
07.20

御縁を頂いて

Category: 未分類
りあじ、新しいご家族の元へ参ります。

人馴れがもう一つである事は、ちゃんとお伝えしました。

「今までも人馴れしていない子達と暮らしてきましたから、全然気になりません」と、お返事が返って来ました。

何故りあじ?

奥様の一目惚れだそうです。

DVC00975.jpg

ばんざーい。
Comment:0  Trackback:0
2011
07.19

りあじ

Category: 未分類
保護子猫さんの名前です。

“りっくん”とか“りり”とかって呼んでます。

でも、名前の必要性はあまり感じられません。

呼んでも来ませんから。

逆に遠ざかりますから。

それでも、段ボール製のベースキャンプに逃げ込む事はなくなりました。

ケージに入れると「出せ出せ」コールが凄いです。

がっつり人馴れさせるには、一体どうしたら良いのでしょ。

「触りまくれ!」って猫友のアドバイス。

ん~、触ってんですけどね。

まくってないからいけないの?

どうしたら良いんでしょうね。

もう、すっげー悩みまくり。

って、悩む時だけまくってます。

DVC00972.jpg

こぐろちゃんと2ショット。
猫さんは大大大好き。









Comment:0  Trackback:0
2011
07.18

残念ながら

Category: 未分類
くっすんの手術、うまくいきませんでした。

植皮した1部がかろうじて残っている状態です。

せめてその部分が定着し、わずかでも拡がってくれると良いのですけれど。

痛い思いをさせただけだったのかと、くっすんに申し訳なくて凹んでます。

ただ、抜歯と去勢手術を行えた事は良かった。

特に抜歯は、意味があったと思っています。




Comment:0  Trackback:0
2011
07.17

戦略ミス

Category: 未分類
「ずっとケージに入れてても、人馴れしないだろ」とダンナが言った。
「リビングへ出して、しっかり遊んでやれば良いのじゃあないの」と。
一瞬不安が頭を過ったが放出。

うわ~、やっぱりフレンドリー。
人間以外には。

「すっげー、楽しい!」
と、私ら無視してお兄ちゃんお姉ちゃん達と遊びまくり。

食事タイムは、ちゃっかり参加。

DVC00971.jpg

よく遊び、良く食べたなら。
後は。

DVC00968.jpg

寝るだけ。

遠ざかる人馴れ。

あ~、ヤバい感満載。



Comment:2  Trackback:0
2011
07.14

1日経ちました

Category: 未分類
朝お見舞いに行くと、くっすんは術後の痛みと鬱陶しいエリカラに意気消沈していました。
昨夜は、エリカラを外そうとケージの中で暴れまくっていたとの事。

DVC00958.jpg

こんな感じにドンヨリしてました。

DVC00955.jpg

肘のところは包帯を巻かず開放しています。
血が滲んでいてグチャグチャしてる様に見えますが、ちゃんと皮膚で覆われています。
移植用の皮膚を切り取ったところは、縫合してあります。
手術が成功したかどうかは、まだ分かりません。
ドキドキものです。

「くっすん、良く頑張ったね」って頭を撫でると、むっくり起き上がって来てご飯を食べ始めました。

DVC00956.jpg

早くお家に帰れると良いね。
Comment:0  Trackback:0
2011
07.13

無事終了

Category: 未分類
くっすんの手術、無事に終わりました。
ただ、皮膚が足りなかったため、脇腹の皮膚を移植したとの事。
抜歯及び去勢手術も完了しました。
1週間の入院予定です。
良い結果がでる事を祈るのみです。



Comment:2  Trackback:0
2011
07.12

ご報告

Category: 未分類
その1
保護子猫さん。
昨日検診に行きました。
エイズ白血病は陰性でしたけれど、耳ダニがいました。
レボリューションを投与して頂きましたが、暫く通院加療する事になりました。

家猫修行は、いい感じで進捗しています。
撫でるとゴロゴロ転がってお腹を見せてくれます。
段ボールハウスには、逃げ込まなくなりました。
慌てず焦らず着実に前へ進んで行けば良いのさ。

人馴れはも一つでも猫さん大好きだから、お兄ちゃんお姉ちゃんおじちゃんおばちゃん達と遊びたくて仕方ない様子。
もう少しの辛抱です。

DVC00947.jpg

早く出たいにゃり。

その2
くっすん。
前足の傷の治りがよくなりません。
エイズキャリアである事を差し引いてもです。
傷口が大きく肉が盛ってこないので、腱が見えています。
2日に1度の包帯交換。
この先いつまで続ければ良いのか、先が全く見えない状況です。
それに、傷が肘の辺りから足先へ向けて拡がっているため包帯が取れ易く、それを防ぐには少し強めに巻かなければなりません。
そうすると今度は足先が鬱血し、大きく腫れ上がるのです。
傷の痛みと鬱血の痛み。
それではくっすんが可愛そうです。
2日に1度の通院もストレスになりそうですし。

それで、昨日の包帯交換の際、先生から手術してはとご提案頂きました。
肘の上に捲れ上っている皮膚を伸ばし少しメッシュを入れて拡げ、傷口を覆うように縫合するとの事。
事前の検査で結果が思わしくなければ無理ですけれど、今のくっすんはかなり貧血も改善され、内臓にもこれと言った問題が無いのでやってみてはと。

で、急遽明日手術の運びとなりました。
術中のくっすんのコンディションにもよりますが、出来れば根尖病巣のある歯の抜歯も行います。
上手くいくと良いのですけれど。

DVC00944.jpg

頑張るぜい!







Comment:0  Trackback:0
2011
07.10

野良さん子猫さん

Category: 未分類
この写真よく見て。

DVC00011.jpg

大きな葉っぱんとこ注目!
しても分からないか。

実は、こんな子が鳴いてました。
朝の4時から。
このお家の方が起きていらっしゃったのを確認した後、お許しを頂いてお庭に捕獲器を仕掛けさせて頂きました。
野良さんの子猫さんらしく、素手での保護は無理だったので。

DVC00929.jpg    DVC00004.jpg

引っ掻きや噛みつきはないけれど、控えめにシャーフー言います。
固まりながらも、撫でるとゴロゴロ。

さあ、家猫修行の始まりだ~。





Comment:0  Trackback:0
2011
07.01

良い方向へ

Category: 未分類
涎ダラダラは相変わらずですが、ジスロが効いてくっすんのお口は随分と良くなりました。

DVC00925.jpg

開いてた穴も塞がりました。

DVC00927.jpg

前足の傷はなかなかよくならないけれど。
お外へ出たくて泣きっぱだけど。
お姉様方のお布団でおしっこしちゃうけれど。
なんとか自分のペースで暮らしています。

DVC00924.jpg

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。