2011
01.17

ありがとう

Category: 未分類
次女が中2の時、クラスメートが登校中に子猫を拾ったと学校へ連れて来ました。
校内放送をしたり各教室を連れて回って貰い手を探しましたが、顔は不細工なうえ毛並みも悪く、そのうえシャーシャーフーフーと威勢が良く、案の定貰い手は見つかりませんでした。
それで、娘が我が家へ連れて帰って来たのが手乗りサイズのめめでした。
平成10年6月の大雨の日の事でした。

その娘にめめが虹の橋を渡った事を知らせた直後、彼女から届いた携帯メールです。

そんな悪かったんじゃな。
今日寒くて二度寝してしもうたんよ。捨てられとった黒い猫連れて帰ろうとする夢見とって、結局連れて帰れんくて、ママのメールで目が覚めた。 メメだったんかな。


めめが来た時、先住さんは同じ年頃のキューザ1匹だけでした。
気の強いキューザと対照的に穏やかで優しいめめは、その後保護されてきた子達の面倒をよくみてくれました。
次第に増えていく猫さん達。
争う事を好まず自己主張をせず少し神経質なめめには、大所帯過ぎる我が家はしんどかったのではと思います。

愛情も手間も十分にかけてあげることができなかった・・・
ごめんね。

それでも、亡くなる直前まで意識のあっためめは、若い子達のドタバタ走り回る足音や、いじめっ子の唸り声、爪とぎの音や水を飲む音、自分が育った家の煩雑で賑やかな聞きなれた音を、その耳にしっかりと覚えさせるかのように一生懸命聞いていました。

私達と12年と7か月、共に歩んでくれて本当にありがとう。

心からあなたにお礼を言います。

DVC00830.jpg

病院を後に家路につく車中にて。

通いなれた道。
この日が最後になりました。













スポンサーサイト
Comment:5  Trackback:0
2011
01.16

めめ

Category: 未分類
本日午前9時53分、永眠致しました。
Comment:0  Trackback:0
2011
01.11

悪化

Category: 未分類
めめの調子が悪く、静脈点滴等の処置のため入院せざるを得ない状況になりました。

朝夕2回の輸液も効果なく、一時25、5まで上がったPCV値も下降し始め。
逆に、CREとBUNの数値は上昇し食欲も著しく減退。
昨日は、こたつ布団に失禁してしまいました。

手足に力が入らなくなっているようで、大好物の鰹節を食べる時も前足を踏ん張れなくなってきています。
ソファーに上るのさえ難儀する状態です。

めめに残された時間は、そんなに長くないのかもしれません。

DVC00782.jpg

年末、ぶーと共に。






Comment:2  Trackback:0
2011
01.10

どうする?

Category: 未分類
DVC00022.jpg

こうする!

DVC00023.jpg

やっぱ根性あるわ、不敵さん。
名前負けしてませんね。

Comment:0  Trackback:0
2011
01.04

謹賀新年

Category: 未分類
気が付けば、きょはも4日。
年が明けて、すでに3日経ってます。
新年のご挨拶、遅すぎ。
ますけれど、許して下さい。
ね!

今年もどぞよろしくお願い致します。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top