2007
07.31

困ったね

Category: 未分類
我家の猫達、ちゃんと猫砂の入ったおトイレでオシッコ出来るのは、キューザ、極悪3姉妹、つぶ、またら(今はちとダメです)、帯広3バカ、くらぞう、そまじの計11匹。
残りの9匹は、ペットシーツでするか、気の向くまま何処ででもするか。
毎日毎日家中の至る所に貼り付けたペットシーツを張り替えるのは、結構大変だ。
しかも、私がセコイのでオシッコの部分を切り取って、また貼ったりなんかしてるから余計に。
そして、ペットシーツを貼る場所は増はあっても減はなし。
正直泣けます。
コスト面でも経済的じゃないしね。
でもね、良い事もある。
オシッコチェックが出来る事。
で此の度、不敵のオシッコに結晶が出ている事を発見。
量も臭いも色も異常はないけれど、キラキラ光っている。
尿検査が必要だね。
ところが不敵は家庭内半野良さん。
どうにか病院へ連れて行けたとしても、カテーテルを通す事なんて出来る訳が無い。
せめてオシッコを持って行けたらと思うけど、オシッコしてる時に傍に近寄るとすぐに止めてしまって、採取出来そうに無いし・・・
それで、先生と相談して療法食を食べさせる事にしました。
でもなぁ、食べさせるのは良いけれど果たして食べてくれるかどうか。
不敵さん、好き嫌いが激しいから。

20070731175054.jpg

「私、おいしくないのはヤよ。」

スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2007
07.28

裏の顔

Category: 未分類
夜中におごの唸り声で眼が覚めた。
彼女のそれは、特徴があるからすぐ分かる。
かなり執拗におごに攻撃を仕掛けているみたいだけれど、唸り声の原因は誰だろう?
真っ先に頭に浮かぶのは、当然帯広3バカだ。
が、違った。
意外にもこの方でした。

20070728140723.jpg

普段は「うにゃーん」と可愛い声で鳴いてゴロゴロしてくれるあっちゃん。
実はあなた、何気にワルだったのね。
でも、ワルで良いんだよ。
憎まれっ子、世に憚るって言うもんね。
白血病キャリアのあっちゃん、ずっとずっと世に憚って下さいね。

Comment:0  Trackback:0
2007
07.25

こぶとりそまじ

Category: 未分類
「コンブ採りそまじ?」
違います。
「こぶ取りそまじ?」
違います。

20070725155943.jpg

「うっそーっ、そまくんめっちゃデブじゃん!」

20070725160112.jpg


そうなんです。
そまじは、コンブ採りでもこぶ取りでもなく、小太りだったのです。


Comment:2  Trackback:0
2007
07.23

週刊グミ新聞№?

Category: 未分類
ご無沙汰しています。グミ新聞です。
避妊手術しました。(長生きして欲しいので)

我が家のグミさん,避妊手術しました。
家族会議の結果,少しでも長生きして欲しいので
手術は痛いだろうけど,我慢してもらうことに・・・。

で,病院に予約を申し込むと7月の17日になりまして・・・。
で,わたしはその前の週,病気ではないのですが,手術をすることに!なんと偶然!
(そんなこと言ってる場合か!!!ご心配なく病気ではありませんので・・・)

私の入院中にグミは無事手術を受けまして,今
彼女は療養中です。ネッカーって言うんですか?
首に巻いて不便そうですが,いたしかたありません。
(とは言ってもおもしろ仕草が増えて笑いの種になってます。本人はかなりむかつい
ているでしょう)
かゆいところは家族で掻いてあげてます。
昨日お医者さんに診てもらったら経過良好なので
ご安心を。

ではでは。


あれーっ、グミちゃん避妊手術だったんですね。
もうそんなお年頃だったのね~。
お届けしてから、もう7ヶ月も経っちゃったんだ。
月日の経つのは早いわ。
ババアだから余計に早く感じられるのかしらね。

ところでM父さん、手術なさったんですね。
病気ではないとの事ですが、どうかお気をつけて。



Comment:0  Trackback:0
2007
07.22

恒例の

Category: 未分類
めめがおしっこ四天王を脱退したので、我家でマーキングをするのはタビおごニモサンの3匹になった。
それぞれのマーキングには特徴があって、誰のモノかは大体わかる。
ところが1週間程前から、3匹とは違うパターンのマーキングをよく見かけるようになっていた。
誰だ?
って頭をひねる必要はない。
きっと、またらさん。
と思ってたら案の定、2、3日前からまたぞろ始まった。
これで何度目だろう。
再発情。
ナゴナゴ鳴きながら家中を徘徊しています。
そして、その後を執拗に追いかける2匹。
助と格。
ひがな1日デヘデヘの嵐。
うんざり。

20070722004730.jpg

「私の魅力に若造もイチコロだわ。」

Comment:0  Trackback:0
2007
07.17

どうなるのかな

Category: 未分類
ダンナ、昨日も友人K君とゴルフ。
その時の会話。
「昨日の夜、俺んちの駐車場で子猫が鳴いてたから探しに行ったらいてな、捕まえようと頑張ったけど逃げられちゃったよ。
 もし今日も鳴いてて捕まえられたら、お前んち連れてくわ。」
「えええええええええええええええええーっ!」
「ってお前んち、今猫何匹よ。」
「20匹。」
「じゃあ20が21になったって、そんなに変わらないって事だろ。」
「まあ、そう言われればそうなんだけど・・・」
「OK、じゃあな。」

で夜、K君から℡あり。
「子猫捕まえたから、今からタクシー飛ばして連れてくわ。」
「Haaaaaaaaaaaaaaaaaaaan?!」

暫くして再度℡あり。
「今日はこのままにして、明日連れてく。
 取り敢えずどういうふうにしてあげたら良い?」

ああしてこうしてと指図してるうちに、℡で話してるより早いわと気付き、ダンナと2人あれやこれや持って彼の家へ飛んでった。

すると、いたいた。
わーっ、ちっちゃい。
でもシャーフー言ってすごい。
仕方ないよね、怖いよね。
でも、もう大丈夫だからね。

子猫用の缶詰を目の前に置いてみたら、すごい勢いで食べた。
お腹すいてたんだね。
半分位食べたら目がとろんとしてきた。
緊張の糸も少しほぐれたし、お腹も一杯になったしで眠くなってきたんだろうね。
シャーフーも小休止だわ。
今日はゆっくりおやすみなさい。

栄養状態も悪くないし、蚤も耳ダニもいない。
目もぱっちり綺麗だし、鼻水もたらしてない。
今は興奮してるからシャーフー言ってるけれど、野良さんの子ではないな。

で、これからどうするか。

「K君ちの子にしてあげて。」
「ん~、ちっと自信がないなぁ、俺も家内も猫飼った事ないし・・・
 犬いるし・・・」

そう、K君ちには今年15歳になるラブラドールのラッキー君がいるんです。
でもラブだし、子猫だし。
きっと仲良くなれると思うけどな。
この機会にK君ご夫婦には猫飼いさんになって欲しい。
猫の魅力に参っちゃって欲しい。
いいじゃないねぇ、こんな豪邸に2人+1匹っきりだなんだからさ。

20070717162247.jpg


さばトラかしら。
男子か女子かはわかりません。(判別できなかった~)
とっても綺麗な子です。

どうするかK君から、今日連絡があるはず。
里親募集する事になるやもしれません。
その時は、宜しくお願い致します。


Comment:5  Trackback:0
2007
07.09

バカヤロー

Category: 未分類
ぼんこの里親さんであるwisebearさんのお話です。

7月10日に来岡予定と彼女から℡あり。
それが7月7日。
何でも、ぼんこを見初めた犬猫の里親募集サイトで、またもや運命の子に出会ったのだと。
そして、その子の元親(元親様ではないところに注目)が岡山在住なのだと。
だから岡山へお迎えに行くのだと。(えっ?元親が連れてくんじゃないの?)
住所を聞けば、何と我家から車で20分チョイのところじゃあないですか。
「喜んでご案内しますよ~。」
で、当日岡山の地理に不案内な彼女を高速のインターまでお迎えに行き、元親宅へご一緒する事に決めた。
「一緒にお昼ご飯食べたいよね~」なんてダンナと話したりなんかして、10日を楽しみにしていたら、昨日wisebearさんからまたまた℡あり。
何だか声が沈んでるぞ。
と思いながら、彼女の話を聞いてびっくり。
以下彼女のブログより転載。


8日の日曜。
ワタシはイーオン主催の『児童英語教師』の資格を取るために松江でセミナーを受けていました。
1コマ90分のレッスンで、途中ポッケに入れていた携帯電話のバイブが…。

火曜日に行く予定のお宅からでした。
折り返し、電話を掛けたところ。その方は新聞にも募集記事を載せていたそうで。75才の老婆がその方の家に押しかけ、どうしても譲って欲しい、黒猫をずっと探していた。と、言い張り、ご主人も米子から迎えに来るのを待つより、その老婆に譲れば?と言われ。



結論としては、断りと言い訳に終始しました。


こんな事あっていいの?
許されるの?
こんな元親いるの?いていいの?


帰宅後、娘さんからお詫びの電話を掛けたい。
と、メールが来ましたが、お断り致しました。

実のない詫びほど、聞くだけ虚しいものはありませんから。


私、この新聞の掲載記事読みました。
まあ、旨い事書いてありましたわ。
この記事投稿も里親募集サイトへの掲載も、この娘さんがされていたのでしょう。
なんて無責任な親子。
既に里親さん、wisebearさんに決まっていたでしょう。
しかも遠方からわざわざ何時間もかけてお迎えに来るんだよ。
人の気持ちを何だと思ってるんだろ。
75くらいの年寄りに渡した?
ふざけた事すんな!
子猫の寿命と婆の寿命、どっちがどうかよく考えなさいよ。
でもさ、新聞の記事には電話番号しか掲載されてなかったじゃあないか。
どうやって、住まいを探しあてられたんだ?
事前に電話連絡があったんじゃないの?
だったら、押しかけてくる前に断れただろ。

絶対許せん!こいつら。
罰、当たってしまええええええええー。

wisebearさーん、元気出してね。












Comment:6  Trackback:0
2007
07.08

あらまっ

Category: 未分類
年の初め1月13日に里親募集サイトにぷっちょを掲載して頂いた。
その日のうちに里親さん希望の方からご連絡あり。
暫くメールでやり取りをさせて頂いたけれど、結局御縁がなかった。
その後お問い合わせは1件もなし。
そしてぷっちょはと言うと、猫嫌いながらもそまじと言う年下のボーイフレンドを彼の意思はお構いナシで勝手にゲットし、ほかの女子を叩き小突き足蹴にし、くらぞうやさくみつくにに追い回されてシャーフー言いながらも、それなりに楽しく暮らしている様子。
ところが5日前、何と里親さんを希望して下さる方からメールを頂いた。

エーっ!?

お問い合わせメールには、夫婦共働きなのでウィークデイの日中は1匹だけでお留守番してもらわないとダメですが、それはどうなのでしょうか?とあった。

ぷっちょは超寂しがりやさんだから、長時間のお留守番は無理なのだ。
だから、鹿児島の次女の元からこっちへ連れて帰って来たのだもの。
とても感じの良い方だったからお断りのメールをさせて頂くのがちと辛かったけれど、その旨お伝えした。
そして、これを機会にぷっちょの里親さん探しをやめる事に。

20070708161346.jpg

「やっぱり、ここが好き」
そう思ってくれたら嬉しいね。

Comment:3  Trackback:0
back-to-top