--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
07.31

良いご縁に

Category: 未分類
なかなか恵まれないそまじ
おっとりしてて穏やかで、人懐こくて甘えん坊。
典型的な茶トラ気質。
人の腕の内側をチューチューするのがマイブームらしい。
それは良いんだけれど、チューチューに熱中し過ぎて、どうも運命の赤い糸を飲み込んじゃったみたい。

うんちと一緒に出しなさい!

20060731175835.jpg

このガラスのボールに入るのが好きなようだ。
ひんやりしてるからかしらね。

おごは、依然として猛烈に鳴きながら家中を徘徊している。
焦らずこのまま沈静化するのを待った方が良いのか。
それともそんな消極的な事じゃダメなのか。
こんな時猫の言葉を話せたらね、どんなに良いだろう。


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2006
07.27

NEWまたらさん

Category: 未分類
またらさんが、「ちびにゃんずの缶詰を私にも下さい」って言うのであげてみた。
それ以来、日を追う毎にって言うかね、缶詰の消費量に比例してって言うかね、何だかフレンドリーになった様な感じがね、するんですわ。
缶詰を食べてる時に限定すれば、撫でる事も出来たりなんかしますしね。
傍を通っても逃げないし。
何かこう心を許してくれ始めてんのかなぁなんてね。
まあ、嬉しかったりする訳です。

ところがちょい気になる事が。
私ら夫婦との距離が縮まれば縮まるほど、他猫に対する態度が微妙に大きく成ってるみたいでね、まず手始めに助格さくが、そして今夜はなんと宿敵ちよちゃんが、追いかけられてさあ大変状態。
まあびっくりするくらいの迫力でね。
遂には、クローゼットの中に追い込みました~。
次のターゲットは誰なんだろ。
不敵か?
みじまきか?
はたまたデヘデヘ師弟コンビか?

あのねまたらさん、猫被ってたの?1年3ヶ月もの間。
怒らないから、正直に言ってちょうだい。

20060727212828.jpg

「い・や・だ!」


Comment:0  Trackback:0
2006
07.26

絶不調

Category: 未分類
おごは今日も朝から鳴いた。
発情期の時みたいな鳴き声だけれど、やっぱりそれとは行動が全く違う。
すりすりもしないし、べたべたもしない。
あまり構われたくないみたいだ。
マーキングは相変わらず凄まじい。
どうしてやったら良いのか、皆目見当が付かない。
う~ん。

20060726213736.jpg

愛情を独り占めしていたいおご
ずっと我慢していたのだろうか。

Comment:4  Trackback:0
2006
07.25

すず幸、がんばるんだよ~

Category: 未分類
16日にダンナが誘拐(野鳥保護の観点からいうと保護ではないのだと)してきたスズメのヒナ。
名前をすず幸と言う。
長雨に降り込められたせいもあり、母鳥の元に返ることは100パーセント不可能になってしまった。
と言うか、私達がそうさせてしまったも同然なんだけれどね。(深く反省)
それなら何とか自立させて自然に返さねばと、一生懸命お世話をして来た。
栄養価の高い餌もしっかり食べさせた。
6畳ほどの部屋でしか飛行訓練もさせてやれなかったけれど、かなり高くそこそこの時間飛べるようになった。
嘴の横の黄色い部分もほとんど消えた。
ただ、まだ挿し餌をしないとダメなのが困るんだな。
それで今日、放鳥の時期とか方法を教えて戴こうとすず幸を連れて動物園の野鳥保護センターに行った。
すず幸はすごく順調に育っていて、身体もちゃんと出来上がっていると係りの方はおっしゃった。
ホッと一安心。
だけど、挿し餌を止めて自力で食べる訓練をしないとダメだって言われた。
そして、今センターに自立訓練中のスズメのヒナが何羽かいるので、こちらでお預かりしましょうかと。
放鳥する最後まで責任を持ってやり遂げたかったのでどうしようか悩んだけれど、結局センターに託すことに決めた。
これから訓練をして、8月中旬の放鳥予定だそうだ。
すず幸、頑張るんだよ。
余計なことしてゴメンネ。
そしても1つ、謝る事が。
あなたはスズメじゃなくてカワラヒワだったの。
すず幸なんて呼んで許せ。

おごの様子がおかしいのは、どうもストレスのせいみたいだ。
最近変わった事と言えば、ちびにゃんずの保護か。
それが原因なのだろうか。
いそは既に里子にでたけれど、そまじにはまだ里親さんが決まっていない。
どこかに預けるったって、すぐには無理だし。
ちびにゃんずに対する態度を見ていても、そんなに気にしているふうでもなかったんだけどな・・・。
それとも、私にまーちゃんの事でひどく叱られたのがショックだったんだろうか?
あー、思いつくことが多すぎて困ってしまう。
さて、どうしてやれば良いものやら。

まずはかかりつけの先生に相談して、アセプロマジンと言うお薬を出して戴いた。
昨夜から飲ませている。
夜中は良く眠れたみたいだが、さっきからまた泣き出した。
暫く続けてみるしかないのかな。

20060725212301.jpg

おごって、私が考えている以上にとても繊細な子だったのだなぁとつくづく思う。
今頃気付くなんて、飼い主失格かもしれないな。

Comment:0  Trackback:0
2006
07.24

はあ?

Category: 未分類
有難い事にそまじに今日もお問い合わせがあった。
がしかし・・・。

携帯がなって出てみると、いきなり無言。
「もしもし」の呼びかけにやっと応えてくれた。
「新聞見たんですけど、まだ猫いますか?」
「はい、おります。」
この後5秒の沈黙。
「茶トラってどんな猫ですか?」
「全身茶色の縞模様の猫です。ホワッツマイケルって漫画ご存知ですか?あんな猫です。」
またもや5秒沈黙。
「知りません。」
「PCをお持ちでしたら、画像をお送りしますが。」
5沈
「持ってません。」
何もかも否定か!
ちっとばかしイラついた私に携帯の主はこう言った。

猫って、可愛いですか?

私咄嗟に、「そりゃあもうめちゃくちゃ可愛いですよ。」と答えたけれど、その後の「猫飼うの、初めてですか?」と言う質問は飲み込んだ。
その代わり「たくさんの方からお問い合わせを戴いているので、すぐにすぐ結論を出せませんが、それでも宜しいですか?」と言ってやったわ。
すると、間髪入れず「結構です!」言い放って携帯を切った。

「おまえはアホか。」
一方的に切られてしまった携帯に向って、思わず毒づいてしまった。



いそねえちゃんがいなくなってちょっぴり寂しいけど、ぼくは元気です。

今日そまじの初回3混ワクチン接種に出かけた。
診察台の上にちょこんと座って、お利口さんにしてました。
先生にも褒められたよ。




Comment:7  Trackback:0
2006
07.23

完全室内飼い

Category: 未分類
3年前不敵の子供達の里親さんを地方紙の差し上げますのコーナーで募った。
たくさんお問い合わせを戴いてとても嬉しかったのだけれど、募集記事に完全室内飼いを明記していなかったため無効と言わざるを得ないものが随分と多かった。
「一緒に山へ登る」とか「外の犬小屋で飼う」なんて論外な事を平然と言う方々もいらっしゃったりして。
だからね、同じ轍は2度と踏まないぞ!と、いその募集は完全室内飼いの出来る方と言う項目を予め入れて記事の掲載をお願いした。
やはり前回よりお問い合わせ数は減ったが、有効打オンリーで良かった。
素敵な里親さんにも巡り合えたしね。
そして今日。
そまじの記事が掲載された。
午前中に1件お問い合わせを戴いたのだが、残念な事に完全室内飼いを理解して戴けていない方からのものだった。
「家の中で飼います。」
とおっしゃった。
しかしその家の中と言うのは家の敷地内と言う意味で、庭には出しますよと。
それでは困るの。
庭全てをぐるりと隈なくフェンスや何かで囲っているのならともかく(大きな鳥かごのようにね)、一般的な庭ならなんの意味もない。
それは、完全室内飼いとは言えないし言わないの。
完全の意味は何なのか、どうか理解して下さい。

20060723154610.jpg

「お外は怖いの。行きたくないの。」

Comment:4  Trackback:0
2006
07.22

変だよ、おごちゃん

Category: 未分類
4、5日前から、おごが変だ。
「うな~ん、うな~ん」って鳴いて、家中を徘徊している。
しかもハードなマーキングのおまけ付きと来てるからちびっと凹む。
ストレス?
だとしたら原因は?
保護したちびにゃんずか?
でも、いそは1ヶ月前、そまじは、2週間前に保護したのだしね。
それが今頃になってドッカーンって来たと言うのか。
それとも3バカに追い掛け回されるからなのか。
「ん~、わからん。」

昨夜hanatoqooさんと電話で話してて、おごの鳴き声を聞いた彼女が「発情期みたいだねぇ。」って言った。
発情期!?
だっておごは、一昨年避妊手術を済ませてるよ。
それはないでしょ。
とは言ったものの、手術後再発情したまたら母さんの例もあるしな。
どこか他に悪いとこがあるのかもしれないし。
来週、かかりつけの先生に相談してみよう。

20060722205209.jpg

「私の中の良からぬモノが・・・。」
って、アンタはキョンキョンか。
Comment:3  Trackback:0
2006
07.19

いその旅立ちと第4号、5号

Category: 未分類
今日いそが新しい里親さんの元に旅立って行った。
お昼前から雨も上がり、予定どおり2時間足らずで米子に到着。
里親さんは、お母様とお2人で待っていて下さった。
お家にお邪魔させて頂くと、先住猫さんのてりちゃんがお出迎えしてくれた。
そして肝心のいそは、キャリーから出すとちょっぴり緊張した様子。
てりちゃんに、小さなシャーを言われてプイと何処かへ雲隠れ。
あれれれれ。
まあいいや。
そのうち出てくると思うからね。

暫くお話をさせて頂いた後お暇する事に。
結局いそは出てこなかった。
でも、それで良かったよ。
幸せになれると分かっていても、やっぱりお別れはちっと辛い。
ママはきっと泣きだしてしまったと思うから。

いそ、あなたと暮らした1ヶ月、本当に楽しかったよ。
どうもありがとう。

Y様、お母様、てりちゃん、いその事、どうぞ宜しくお願い致します。

20060719213133.jpg

男性が大の苦手なてりちゃん。
なのに、何故かダンナに抱っこされても平気だった。
ご満悦のダンナ。
大喜びで、ハイチーズ。

あれっ、新しいご家族といその写真は?
はい、すっかり舞い上がった私が撮り忘れてしまったのです。
かっくし。
Y様、またそのうち写真送って下さいませ。
そしてそして、お土産どうもありがとうございました。

でもって帰宅してみれば、さくの眼が変。
ぎょえーっ、第4号、5号の発生か。
すぐさま病院へ。
案の定伝染ってた。
は熱がなかったけれど、さくは39、5度あった。
下痢嘔吐なし。
食欲あり。
2匹とも例によってインターフェロンと抗生剤を注射。
暫く投薬点眼。
さてどこまで続くのか。
あ~不安だなぁ。
Comment:7  Trackback:0
2006
07.18

第3号

Category: 未分類
やっぱりめめにも伝染っていたわ~。
インターフェロンと抗生剤を注射して頂いた。
投薬点眼をして様子見して下さいとの事。
どうか大事に至りませんように。

明日はいよいよいそが里親さんの元に旅立つ。
鳥取県米子市。
隣県ではあるが高速道路を通って約2時間。
北海道のもくみちの里親さんを除けば、今までの里親さんは全て県内の方だった。
不敵の子達なんて、車で20分足らずの所にいる。
それからすると何か遠いなって気がするけれど、幸せになるのに遠い近いはない。
相変わらず今日も大雨。
明日もまた雨らしい。
里親さんから「どうぞご無理をなさらないで下さいね。」と、お電話を戴いた。
お気遣い、どうもありがとうございます。
ダンナの車でダンナの運転だから、きっと大丈夫。
お会いできるのを楽しみにしています。

20060719094619.jpg

「私、きっと幸せになる!」

20060719094830.jpg

いそねえちゃん、僕のこと覚えていてね。」

20060719094644.jpg

大好きだっためめおじちゃん、さくにいちゃん、にいちゃん、にいちゃんと、最後の5ショット。
Comment:3  Trackback:0
2006
07.17

大雨

Category: 未分類
で雛を親元に返すのは断念。
ネットで検索したら4、5日は親がひな鳥の声を覚えているので、その間に返せば良いということだったが、何だか心配で動物園にある野鳥保護センターに連れて行ってみた。
係りの方に診ていただくと雛はもう自立寸前の子で、もしかしたら親から餌をもう貰っていないかもしれないと言う事だった。
だから、拾った場所に戻してあげるのは良い事だけれど、何が何でも親鳥を見つけて返さなければならない訳ではないと。

「?」

ありゃまあ。
ネットで検索したサイトにはそんなふうに書いてなかったけどなぁ。
どうすりゃいいの?
とは言うものの、天気予報では明日も雨。
結局雛は明日も返せないって事か。

めめがぐすぐす言い出した。
くしゃみもしている。
目やにも出てるし充血してる。
こりゃ結膜炎だわ。
嘔吐下痢はなし。
たぶん熱も。
食欲は普通。
あ~あ、また1匹罹患猫が出ちゃったような気がする。
明日朝一で病院だ。

20060718230652.jpg

「何だか眼が変だにゃ。」

20060718230708.jpg

「こんな眼になっちったよ~。」




Comment:0  Trackback:0
2006
07.16

何も知らない

Category: 未分類
ダンナ。
ゴルフ場で見つけたと、スズメの雛を連れて帰って来た。
「いけないんだよ!野鳥の雛をむやみに拾っちゃあ。」
でも実際の所ここにこうしている訳だから、今更なにをどう言っても意味がない。
早速ネットで検索してみる。
拾ってきた子は巣立ち雛だった。
たぶん親鳥が傍にいたか、若しくは餌を取りに出かけていてその場にいなかったかのどちらかに違いない。
早く親の元に返さないとダメみたいだ。
取りあえず今日は餌を食べさせて、そっとしておこう。
長いこと手乗り文鳥を飼っていたから、餌やりはお手の物だからね。
明日、マニュアルどおりに何とか親元に返さなければ。

20060717172425.jpg

明日の天気予報は、何と大雨。
雨が降っちゃあ返せないわ。
さてどうする。
Comment:0  Trackback:0
2006
07.14

ぶひぶひ

Category: 未分類
知人に保護されて我が家にやって来た時、熱もあり涙目だったため投薬と点眼をしていたそまじ
3日分のお薬を飲み終えて良くなったなと安心していたら、おとといの夜あたりから何だか「ぶひっ」って感じのくしゃみをし始めた。
食欲もあり機嫌も良いのでひとまず様子見と勝手な自己判断がいけなかった。
昨夜、何といそまでくしゃみを始めてしまった。
眼も何だかうるうるして、眩しそうだ。
やっば~。

20060715191902.jpg

そりゃそうね、毎日こうやって仲良く遊んでんだもんね。

今朝1番で病院へ。
いそは熱はなかった。
体重は1、3キロになっていた。
回虫も落ちてて一安心。
インターフェロンと抗生剤を注射して今日はお終い。
3日分のお薬を頂いた。
そまじは、熱があった。
39、1度。
体重は880グラムと順調に増えていた。
回虫も落ちててこれまた一安心。
いそと同じくインターフェロンと抗生剤を注射、そして3日分のお薬。
どうか大事に至りませんように!

20060715191922.jpg

「伝染っちったよ~。」

20060715191946.jpg

いそねいちゃん、ごみんね。」

Comment:0  Trackback:0
2006
07.13

いい勝負

Category: 未分類
体格も体重も年齢も何もかもが、そまじなのに、どうもおつむの中身はそまじくさい。



「めっちゃ楽しい~。また遊んでな。」
「うんいいよ、助兄ちゃん。」

って、遊んでもらってんのはアンタの方かい。
Comment:2  Trackback:0
2006
07.09

プチバトル

Category: 未分類
いそそまじ、毎日コロコロ取っ組み合いをしている。
こうやって社会性やルールを身に付けて行くんだろうな。
噛み癖のある猫ちゃんには、お友達猫ちゃんを迎え入れるのが1番の方策と聞いた事がある。

キューザもそうだった。
哺乳瓶育ちで甘やかしたせいかもしれない。
いけない事なのに、手にじゃれつかせていたからかもしれない。
もしかしたら、そうじゃないかも。
はっきりした原因は分からない。
ところがめめがやって来て、最初は一方的にキューザが優勢だったけれど、そのうちめめも大きくなり、男の子だから体格的にも体力的にもキューザを圧倒するようになった。
バトルをしても、めめキューザは互角の勝負だ。
というより、めめの方が強かったりする。
そして気が付くと、キューザが噛まなくなっていた。
不思議だけれど、これ本当の話。

20060709225237.jpg

鉢を蹴落とし観葉植物をお陀仏にしてまでも、バトルに勤しむ悪ガキコンビ。
そまじが片手片足を乗せている花台の上には、数秒前までアロカシアの鉢がありましたが、最初から何もなかったと思う事にします。(泣)




Comment:8  Trackback:0
2006
07.06

すっかり仲良し

Category: 未分類
いそそまじ、おトイレもいっしょ。
ちっちゃい子達は仲良くなるのも早いわ。

そう言えばキューザめめもこんな感じだった。
猫は1匹で単独飼いと思ってた私達家族は、2匹のじゃれあう姿を見て「1匹より2匹だろ、やっぱり。」と妙に納得してしまったのだった。
そして2匹より5匹、5匹より6匹、6匹より7匹と増え続け、後は坂道を転がるように・・・。
で、転がりに転がってただ今17匹+2。
但し、+2は里親さん募集中。
だってもうこれ以上転がれんかんね。

20060707011755.jpg

「まぁあんたら、くさい仲ね。」
って、今頃こんなギャグ誰も言わんだろうなぁ。

「若い振り しても古ギャグで 歳ばれる」    nekoronda 魂の一句



Comment:2  Trackback:0
2006
07.05

今日のチビにゃんず

Category: 未分類
20060705195208.jpg

左目もずいぶん良くなってきました。
名前をそまじと言います。
昨日あたりからいそねえちゃんとバトルをしています。
ちっちゃいけれど、なかなかのファイターです。
「負けないぞ!」

20060702220825.jpg

「そうなの。あいつなかなかやるの。でもアタチだって負けないもん!」

Comment:3  Trackback:0
2006
07.03

またまた来ました

Category: 未分類
20060703201320.jpg


生後1ヶ月ちょい。
体重530グラム。
茶トラ。
オス。
検診済み。
少し熱があり左目から目やにがでているので、投薬点眼中。

知り合いの方の庭先に突然現れ、「お家に入れてよ~」と鳴き続けていたそうです。
すごく人懐こいから、飼い猫さんから生まれた子猫さんかなと。
性格はとても良いみたい。
かかりつけの先生も太鼓判を押して下さったからね。

いそに続き里親さん募集します。
どうぞよろしくお願い致します。


Comment:2  Trackback:0
2006
07.02

おい

Category: 未分類
「ばあちゃん、俺と腕相撲しようぜ!何たって俺、毎日上腕二頭筋鍛えてっからね。」

20060702220759.jpg

「やだ。」
「何で?」
「あんた反則技使うから。」
「何だよ反則技って。」
「顔で笑わせて勝つじゃないの。」
「ばあちゃんだって、顔で脅して勝つだろ!」
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。