FC2ブログ
2006
03.08

悪意

Category: 未分類
近所のスーパーに迷い犬のポスターが貼ってあった。
飼い主さん、心配だろうね。
早く見つかるといいね。

5年前、我家の犬が失踪した。
思いつく全ての機関に連絡し、新聞のミニ広告欄やミニコミ誌に毎週記事を掲載してもらった。
もちろん、ポスター貼りもした。
情報も少なからず寄せて頂いた。
但し全てが過去形のものだった。
1週間前に見たとか、2、3日前ここに座っていたとか、昨日この道を歩いていたとか。
いなくなって3ヶ月経った頃、夜中10時過ぎに携帯に連絡があった。
「特徴がお宅の犬にそっくりの子が、今家の前に止めてある車の下にいる。
どうにか捕まえておくから、すぐ来て欲しい」と。
名前と住所を名乗りとても真摯な口調で話すその年配の女性を、ダンナも私もまるで疑いもせず、告げられた場所へとひたすら車を走らせた。
家から20分位の所だ。
もうすぐ到着という頃、「犬が逃げたから自転車で追い掛けている」と言い、一方的に電話を切った。
すぐさま「それならこちらも車で追い掛けます」と折り返し連絡をとったが
全く彼女の携帯に繋がらない。
小さな山の上の団地だからそのうち会えるのではと必死に探した。
ひたすら掛け続ける電話にも応答はなく、私達は途方にくれた。
そして1時間過ぎた頃、やっと気が付いた。
あれはいたずら電話だったのだと。

結局犬が見つかる事はなかったが、5年経った今でもひょっこり帰ってくるような気がしてならない。
当時7歳だった彼女の娘は、明日12歳の誕生日を迎える。
白ちゃん、マロをずっと見守っていて下さいね。

2006_0307_200645AA.jpg

さて、誰だ?

スポンサーサイト



Comment:4  Trackback:0
back-to-top