2006
03.31

悩み事ありて・・・

Category: 未分類
サモビと
2006_0311_150759AA.jpg

朦朧と
2006_0311_160912AA.jpg

燕優
2006_0311_161128AA.jpg


極悪3姉妹と呼ばれている彼女達。
哺乳ビン育ちで人間大好き。
人恋しくて仕方ない。
それなのに、いろんな事情から今は半隔離生活を強いられている。
それをどうにかしたいのだ。

「朦朧」は気が強い姉御肌だったが、今みたいに狂暴ではなかった。
それは「燕優」も「サモビ」も同じだ。
他の猫を攻撃するなんて事一切無かった。
「不敵」一家を家に入れた事で何かが弾けた、そんな感じ。
ボタンの掛け違いとでも言うのだろうか。
そして、掛け違わせたのは他ならぬ私。
私の無知がそうさせたのだ。

狂暴と言っても流血さわぎを起こすほどでは決して無い。
「放っておけば良いのよ。 その内猫同士で折り合いを付けるから大丈夫。」
そう言う人もいる。
でもね、昼夜を問わず不意打に攻撃をしかける。
無防備なところを平気で襲う。
しかも血眼になって探し出してまでね。
それをやられたら精神的に参ってしまうよ。
「みじまき」「ちよ」「ニモサン」3姉妹なんて、失禁脱糞しちゃうもの。
「タビ」と「サモビ」の問題もあるし。(これは私のトラウマになってるからなぁ)

極悪3姉妹も6月で7歳。
シニアの仲間入りだ。
このまま時間の流れにまかせて、自然に猫同士の力関係が変わっていくのを待つ。
それでも良いかなと思う事もある。
だけどは2度と帰って来ない。
そう考えるとやっぱりどうにかしたい。
本当に悩むよ。

あ~、明りが欲しい。








スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2006
03.30

覚えていますか、ムサシ君

Category: 未分類
姉の友人が保護したムサシ君の近況報告です。
Kさんからのメールを御紹介します。
では、どうぞ。

> ムサシの背中のケガは最初順調に治っていたのにある時期から
> 膠着状態になりました。N先生に診てもらったら皮膚の下が
> 剥離しているとのことで、麻酔をかけて皮膚の下を洗浄し、キトサン
> を封入。これが劇的に効きました。
> 家に来て以来ずっと首につけられていたエリザベス・カラーから
> やっと解放され猫らしい猫の姿に戻りました。
>
> ケガが全快したと思ったら、またまた難問です。野良時代にカエル
> やヘビでも食べていたのか、”マンソン裂頭条虫”と名前を聞い
> ただけでも怖い寄生虫がいることが発覚。駆虫薬の”ドロン
> シット”というのが巨大な錠剤で、しかも一挙に3個のまさないと
> いけないのです。
>
> 錠剤を半分に割って2片を口にねじ込んだら器用に吐き出して
> しまいどうしても呑んでくれない。仕方ないので少量の水で溶いて
> スポイトでのませたら戻してしまいました。
> 結局、必要量の半分摂取できたかどうかというところです。
>
> 犬や猫用の薬が人間用のと同じ形態であることは工夫が足りない
> という気がします。美味しそうな肉汁でも染み込ませたコーティング
> 剤で被覆するとか、量を極限まで小さくするとか。
> おとなしいムサシも”ドロンシット”(名前がおどろおどろしい)を
> 呑まされるな!と悟るや凶暴になって大暴れします。
>
> 今度検査してもらうとき寄生虫が駆除できていなかったら
> 獣医さんのところで薬をのませてもらおうと思います。


男1人と1匹、毎日楽しく暮らしていらっしゃるようです。
微笑ましい光景が、目に浮かびますね。
Comment:2  Trackback:0
2006
03.29

ドンドン

Category: 未分類
ボクの名前はドンウォン♪
ボクの名前はドンゴン♪

2006_0315_120231AA.jpg

ふたり合わせてドンドンだ♪
キミとボクとでドンドンだ♪

我家のカン・ドンウォンとチャン・ドンゴン。
デへデへと、しっこたれ。

「いけませんか?」




Comment:0  Trackback:0
2006
03.25

Category: 未分類
私が顔に塗っているクリームを身体に塗る女、ジェニファー・ロペス。
許さん!
Comment:0  Trackback:0
2006
03.24

愛いヤツよのう

Category: 未分類
私がいない間、プチ引き篭もりをしてた「めめ」。
「朝御飯を食べに出てくるだけで、後は一切姿を現さなかったよ。」
と次女が教えてくれた。

「私がいなくてそんなに寂しかったのか。うふ、かばえ~ヤツ。」

でも、どこでおしっこしてたんでしょうね。

掛敷き布団1組、肌掛布団、綿ラグ、枕、こたつ布団。
全て破棄致しました。
コレが答。

「かわいくね~」

2006_0116_131453AA.jpg

「だっで、だびじがっだんだぼん。」
Comment:0  Trackback:0
2006
03.23

一夜明けて

Category: 未分類
たった3泊4日の北海道から帰ってみれば、我家はとんでもない事になっており、昨夜はもうなーんにもやる気が起こらず床についた。
目覚めれば全て夢だった!
ってな事になってれば良かったのにな。
甘いね。

しかも「つぶ」は、私の事を忘れていた。
うそでしょ~~~~~~~。

2006_0126_193839AA.jpg

「不敵ちゃん、このおばちゃん誰だか知ってる?」
「知ってるよ、当たり前じゃない。」
「私、知らない。 ような気がする。」
「良いんじゃない、それならそれで。」
「そうだよね、良いよね別に。」

あんたらなあ。


Comment:5  Trackback:0
2006
03.22

さよなら北海道

Category: 未分類
昨夜は久しぶりにぐっすり眠れた。
バイキングの朝食をしこたま食べた後、ホテルをチェックアウト。
空港へ向かう電車に乗るまでに少し時間があったので、ちょっとだけショッピング。
全然頼りになら無いダンナと共に留守を守ってくれた次女に、何かお土産をと思って買ったのが何とSUQQUのビューラー。

何で?
地元のデパートでも売ってるよ。

それでも良いの。
札幌で買った事に意義があるの。

ここのビューラーは優れモノ。
ホントに綺麗にまつげをカールしてくれる。
お化粧もろくにしないくせに、こう言うモノには拘る私。
美容部員(既に死語か)のお姉さん、感じ良かった~。
どうもありがとう。

気持ち良くお買い物したらもう時間。
空港へと向かう電車に乗る。
さて、後はニャンずの待つ我家へとまっしぐらだーい。

「ただいま~」
いつもより強烈だけど、懐かしい我家のニオイだ。
勢い良くリビングに入ると、そこはまるで長女の部屋だった。
ドアを〆て、帰りたくなったよ。

2006_0316_224725AA.jpg

「あ、じゃぶじゃぶじゃっぶじゃぶ」♪
                     song by シャツ黄緑

お気楽でよろしいわね、「またら」さん。


Comment:4  Trackback:0
2006
03.21

みっそんいむぽっしぼー

Category: 未分類
かと思われた娘の引越し。
朝からフルパワーで荷物をまとめたぞ。
もういいや。
何でも良いから、ダンボールに放り込んでやれいっ。
こうなりゃ、ゴミも一緒に引っ越しじゃ。
単身引越しパック用のコンテナ。
2基じゃあ足りないって。(泣)
うそー。
いろんなモノお友達にあげたりなんかして、荷物少ない筈じゃあなかったのか。
とにかく、この部屋出てかなきゃあなんないんだよ~~~~~。

と大騒ぎしながらも無事荷物を出し、不動産屋さんにお部屋の確認をして頂いたらもう6時を廻っていた。
ぎゃー、hanatoqooさん、大ママさんとお会いする約束になってるつうのに。
遅くなっちまった。
ごめんなさーい。

札幌駅へ着いたら、既に10時前。
おで迎えありがとう。
時間があまりないので、ホテルの近くのホテル(何じゃそりゃ)のラウンジで、ちっとばかしお話する事になりました。

やっと会えたね。

心身共にぐったりの私とは引換に、元気いっぱいピカピカのお二人。
想像どおりの方々でございました。
ふふふ。
来道する前はね、あれも話そうこれも話そうっていっぱいネタを溜めていたのに・・・。
時間がなくて、ほんとに残念。
でも、めっちゃ楽しかったよ。
絶対絶対、また会おうね。

お二人と別れてホテルへ帰り、頂いたお寿司に舌鼓をうち、後はもうばたんきゅー。

それでは、おやすみなさ~い。






Comment:0  Trackback:0
2006
03.20

続きます

Category: 未分類
今日は卒業式。
暴風が吹き荒れているが、日差しもありまずまずの御日和。
「おめでたいね~」とシミジミしていたいけれど、そうはいかない。

引っ越しは明日だ!

が、
部屋を訪れる先輩後輩。
皆口を揃えてこう言う。
「明日、引っ越せるの?」
私も言いたい。
「明日、引っ越せるの?」

意気消沈中につき、本日これまで。


Comment:0  Trackback:0
2006
03.19

nekoronda in 北海道

Category: 未分類
着きました~、北海道。
やっぱり寒いわ。

駅まで車で娘が迎えに来てくれた。
運転、なかなか上手いじゃないの。
道路が狭いからって帰省中は絶対運転しないからね。
下手っぴいだと思っていたよ。
すまん。

「引越しの準備はすすんでる?」
「まあ、・・・。」

部屋のドアを開けたなら。

思わず〆て帰りたくなったよ。
これで明後日引越し出来るのだろうか。
不安が胸を過りまくり。
徹夜だな、今夜は。(泣)

「さくみつくに」の保護主であるNさんにお会いしました。
ペット不可の大学寮で、さくの母さんとさく達兄弟5匹を育ててくれた。
心臓に異常が見つかったさく以外には全て(もちろん母さん猫さんにも)、里親さんを見つけて旅立たせたのですよ。
えらいっ!
そのNさん。
道内で就職が決まり、新しい住居に引越ししました。
4匹の猫さん連れでね。
高齢の飼い主さんが入院するので、面倒を見られなくなった猫さん達3匹。
こちらも、飼い主さんに負けないくらいの高齢だとか。
彼女は、その子達を引き取ったのです。
そして此の度、大学猫の「ちくわ」ちゃんも連れて行く事にしたとの事。

この「ちくわ」ちゃん。
長女がとても気に掛けていた子です。
去勢手術も済ませていて皆に可愛がられていたとは言え、この先どうなるか随分と心配していました。
娘が入学した頃には既に立派な成猫だったので、そんなに若くはないだろうからと。

4匹の猫さん達と新しい生活に踏み出すNさん。
お身体に気を付けて、新天地で頑張って!
そして、本当にありがとう。

2006_0314_204136AA.jpg

「ファイト、いっぱーつ。」

Comment:0  Trackback:0
2006
03.18

明日は北海道

Category: 未分類
長女の卒業式出席と引越しのため、明日から北海道へ行くのですぅ。
うひゃひゃ。
hanatoqooさん、大ママさんと会う約束してるんだよ~。
「助「格」が保護された図書館にも行ってみたいな。
さくみつくにの保護主であるNさんにも会いたい。
今年1月に長女の後輩のところに里子にいった「もくみち」にもね。
あ~、ワクワクする。
今夜眠れるかな~。

2006_0309_221100AA.jpg

「ばあちゃん、おれらをおいてどこ行くんだ?」




Comment:3  Trackback:0
2006
03.14

やなの

Category: 未分類
私はね、こいつが嫌い。
最愛の息子くらぞうと同じ黒猫だけどね。
あの子、こいつの事尊敬してるふしがあって・・・。
それが悩みのタネなんだわ~。
どこがいいんだかね。
しかもこいつ、ママの超お気に入りなのよ。
趣味悪いぞ、ママ。
そう言えばママもお姉ちゃん達も、キムタク嫌いだもんね。
彼の事マッチ棒って呼んでんのよ。
そりゃあないよね~。
せめて綿棒くらいにしとこうよ。

2006_0224_100135AA.jpg

「側に来ないで!」
「良いではないか」
さすが元祖デヘデへ。
堂に入っております。

Comment:2  Trackback:0
2006
03.12

おのれの仕業か~

Category: 未分類
朝起きてリビングに入ると、そこはかとなく変な臭いがする。

私の鼻の分析結果。
その1、nekoronda家定番のおしっこ。
その2、nekoronda家にはめったにない下痢ぴー。
その3、分析不能

臭いも何だけど、床がねちゃついているような気がする。
当たって欲しくないのによく当たるめちゃくちゃ嫌な予感。

「げーっ」
こんなとこや、あんなとこ、そんなとこにまでゲロが~。
見た事ないタイプだわ。
しかも臭いよ~。
何吐いてるんだ?

で、キッチンカウンターを見て全てを悟りました。
そこは1面練乳の海。
空の缶が転がっておりました。
ウメの花マークも点々と・・・。
いつもはチューブなのに、広告の品だからと昨日に限って缶を買ったんだったよ。
しかも冷蔵庫にしまい忘れてるじゃないか。
nekorondaのバカヤロー。

変な臭いとねちゃつきとゲロの正体はこれだったのね。(爆泣)

で、犯猫は?
きっと乳製品に目の無いやつでしょ。
って事は、SけかkくかSくみつくに。
「さぁどいつだ、素直に吐け!」

「ごぼっ」。

犯猫発見!

おのれか~
2006_0304_185836AA.jpg

「吐いちゃいました~。」



Comment:9  Trackback:0
2006
03.09

善意

Category: 未分類
昨日のブログに書いたいたずら電話の後、同じような電話をもらった。
「家の東の田んぼに、白い犬がいます。お探しのわんちゃんかどうかわかりませんけど、最近見かけるようになったのです。近付くと逃げるので見ているしかありませんが、すぐ来られますか?」
一瞬悪い想像が頭を過ったけれど、ダンナと2人で駈け付けた。
車で10分の距離。
待ち合わせ場所にその方はいらっしゃった、本当に。
そして田んぼにも、犬はいた。
「・・・。」
特徴は似ていたけれど、家の子より1周り大きく随分と若い。
「残念ですけれど、家の子ではないみたいです。」
「そうですか・・・。私余計なお節介してしまいましたね。ごめんなさいね。」
とんでもない!
私達どれだけ嬉しかったか。
有り難かったか。

動物がすごく好きな事や日頃から迷い犬や猫の情報には気をつけている事、いろいろとお話をして下さった。
「わんちゃん、早くみつかるといいですね。私これからもずっと気をつけています。もしかしてって事ありますものね。」
別れ際にそうおっしゃって御自宅へ向かわれた。

世の中捨てたもんじゃない。
あの時、本当にそう思えたよ。

クイズの答えは
2003_0827_002429AA.jpg

デへデへ、くらぞうでした。
この頃は、純真無垢だったっす。

Comment:3  Trackback:0
2006
03.08

悪意

Category: 未分類
近所のスーパーに迷い犬のポスターが貼ってあった。
飼い主さん、心配だろうね。
早く見つかるといいね。

5年前、我家の犬が失踪した。
思いつく全ての機関に連絡し、新聞のミニ広告欄やミニコミ誌に毎週記事を掲載してもらった。
もちろん、ポスター貼りもした。
情報も少なからず寄せて頂いた。
但し全てが過去形のものだった。
1週間前に見たとか、2、3日前ここに座っていたとか、昨日この道を歩いていたとか。
いなくなって3ヶ月経った頃、夜中10時過ぎに携帯に連絡があった。
「特徴がお宅の犬にそっくりの子が、今家の前に止めてある車の下にいる。
どうにか捕まえておくから、すぐ来て欲しい」と。
名前と住所を名乗りとても真摯な口調で話すその年配の女性を、ダンナも私もまるで疑いもせず、告げられた場所へとひたすら車を走らせた。
家から20分位の所だ。
もうすぐ到着という頃、「犬が逃げたから自転車で追い掛けている」と言い、一方的に電話を切った。
すぐさま「それならこちらも車で追い掛けます」と折り返し連絡をとったが
全く彼女の携帯に繋がらない。
小さな山の上の団地だからそのうち会えるのではと必死に探した。
ひたすら掛け続ける電話にも応答はなく、私達は途方にくれた。
そして1時間過ぎた頃、やっと気が付いた。
あれはいたずら電話だったのだと。

結局犬が見つかる事はなかったが、5年経った今でもひょっこり帰ってくるような気がしてならない。
当時7歳だった彼女の娘は、明日12歳の誕生日を迎える。
白ちゃん、マロをずっと見守っていて下さいね。

2006_0307_200645AA.jpg

さて、誰だ?

Comment:4  Trackback:0
2006
03.07

そうだったらいいのにな

Category: 未分類
耳垢が出た。
ごろんとね。
おごの耳から。
2006_0307_200601AA.jpg


こんなやつがね。
2006_0307_181146AA.jpg



あ~あ、この耳垢がダイアモンドだったらいいのにな。







Comment:2  Trackback:0
2006
03.05

YouはShock

Category: 未分類
愛で空が落ちて来る~♪

我家のYouはShockは「つぶ」さん。
亡くなった「トノ」父さんから一子相伝の奥義ローリングアタックを継承している。
ローリングアタック
何の事はない、読んで字の如く転がり攻撃。
俵みたくゴロゴロ転がって体当たりするだけなの。
経絡秘孔を突いたりしないわ。
相手へのダメージ?
殆ど0ね。
でも不思議な事に、「つぶ」がこれをやると皆逃げてっちゃう。
触らぬ神に祟り無し。
きっとそんな心境なんだろうね。

2006_0302_144431AA.jpg

ごろんごろんごろん。

「もうお前は引いている!」

Comment:9  Trackback:0
2006
03.03

ん?

Category: 未分類
「助」「格」はキジトラ。
丸くなると、まるでアンモナイトだね。
2005_1103_195545AA.jpg

2匹あわせてアンモナイツ

おしっこたれの「タビ」もキジトラ、「おご」もキジ白。
丸くなると、こっちだってほーらアンモナイツ
2006_0303_204132AA.jpg

いや、おしっこたれだけにアンモニアナイツ
なーんてね。



Comment:5  Trackback:0
2006
03.02

本名、芸名、ハンドルネーム

Category: 未分類
どこの御家庭でもそうなのだろうけれど、我家の猫ずには本名以外にいろいろと呼び名がある。

例1 キューザ⇒キューちゃん、きゅっきゅきゅるきゅるきゅーざきゅー
例2 めめ⇒めんちん、めんたくん、めめたんく
例3 朦朧⇒もっさん、もうすけえもん、もっけもん
例4 燕優⇒ヤンちゃん、ヤンちゃんビーム、ヤンヤン
例5 サモビ⇒サモ、たもっち
例6 つぶ⇒つっちゃん、つち、ちゅーぴーゴールド
例7 タビ⇒ター、たーちゃん、たーこさん
例8 不敵⇒ふーちゃん、うーてん、ふーてんこう
例9 くらぞう⇒くら、くらりろりん、くらり
例10 おご⇒おんちん、おごぷい、おんちゃ
例11 ちよ⇒ちょっぴん、ちょっちゃん、ちよこひめこ、ちよっぴ
例12 ニモサン⇒ニモミ、ニモン
例13 みじまき⇒みじんこ、みじこ、まきこ
例14 またら⇒まーちゃん、まーちん 
例15 さくみつくに⇒さっくん、みっきゅに
例16 助三郎⇒助、すっけん、ちゅっけ
例17 格之進⇒格、かっくん、かっきゅ

書いてる本人もかなりだれております。
読んで下さってる方々、もっとだれちゃってると思いますがもう少し我慢してやってね。

本名からそう遠くない呼び名が多い中、例6を御覧下さい。 
ちゅーぴーゴールド。
これ、そんなにかけ離れてます?つぶから。
「どこからでてきた?」と娘達にも訝られております。
そんなに変でしょうか。

皆さんの御意見をお待ちしております。

2006_0115_135553AA.jpg

「ちゅーぴーゴールド、こんな名前のお薬あるよね」


Comment:6  Trackback:0
2006
03.01

危機一髪

Category: 未分類
「タビ」のマーキングは豪快だ。
女の子なのにね。
対象物がなくてもやってくれるのですよ。
例えばお部屋のど真ん中で、「ぴゅー」なんてね。

夕食時、お茶碗に御飯をよそおうと炊飯ジャーの蓋を開けようとしたら、側にいた「タビ」がマーキングをした。
炊飯ジャーの真上を通過しておしっこが壁に炸裂。
もしも蓋が開いていたら、どうなっていたのだろうね。

つい最近、蓋を開けたとたんお湯をはった浴槽におしっこが流れ込んでくるという経験をしたのだが、どっちがどっち?
どっちもどっちか。

2006_0112_143253AA.jpg

「お風呂の一件は、断じて私じゃありません。所謂オンナのカンってんですか、犯猫はおごじゃないかと。」

Comment:6  Trackback:0
back-to-top