FC2ブログ
2006
01.27

続その後のムサシ君 

Category: 未分類
ムサシ君の続報です。

ムサシの傷にジョンソン&ジョンソンの傷パワーパッドを
貼り付けて5日。シロウト目にはうまくいっているように
思えてもひょっと重大なミスなんかがあってはいけないと
思い、ニワトリでお世話になった○○市△△にあるN
ペットクリニックを訪れました。

先生にいままでのいきさつを説明し、手当てしたようすを
見てもらったところ、「完璧です! 下手な獣医より上手
ですね」とお褒めのことばをいただきました。
先生も昔は怪我した猫など、縫っていたけど今はなるべく
手術は避けます、とのことで100%私の考えを認めて
くれました。なんだかちょっとうれしかったです。

パワーパッドの説明書では、切って使うなと書いています
が値段が高いし、カバーする面積は不必要に大きいと
はがすときに猫が痛がるので、半分に切って貼っています。
(N先生はこの点についても私のやり方でいいと賛同
してくれました)

先生によると、「獣医の世界は人間の医学界よりかなり
遅れていて、ハイドロコロイドやキトサンについて獣医学科
で教えるようになったのはこの1,2年のこと」だそうです。

とにかく、このままできるかぎり貼り替えしないで、一週間
から十日後、傷口がまだ開いているようなら連れてきて
くださいとのことでした。猫と鳥は犬に比べるとずいぶん
回復が早いいうことでした。

写真の白く膨らんでいる部分が傷口から分泌する浸出液
を吸ってゲル状になったハイドロコロイド。
傷はこの状態で効率よく修復されます。かさぶたは
できません(傷口がかさぶたで覆われるのはよくない)
皮膚が再生してくると白く膨らんでいる部分が平坦に
なって厚みも減ってきます。
はがしてみたい欲望にかられますが、この状態で
1週間はがまんです。

皆様も、子供や孫が足を擦りむいたり怪我して帰って
きたら、水道水で傷口をよく洗い、傷パワーパッドを
貼ってあげてください。(もちろん大きな怪我は医師に
お任せで


ペット不可のマンション住まいなので、ペットクリニックに行く時は、ムサシ君をトランクに入れて出掛けるのだそうです。
「トランク持って毎日どこへ出掛けてるんだろう?」って余計に不審がられてやしないかと、そっちの方が心配ですね。

私もこのクリニックの先生を知っているのですが、エキゾチックアニマルにも造詣が深く、またハムスター等の小動物もしっかりと診て下さいます。
ここなら安心。



スポンサーサイト



Comment:4  Trackback:0
2006
01.27

起承転結

Category: 未分類
何だかモテモテ、今日の「めめ」
2006_0126_202411AA.jpg


むぎゅ~
2006_0126_202344AA.jpg


んっ?
2006_0126_202921AA.jpg


やっぱり追い出されちゃった!
2006_0125_200639AA.jpg


「くらぞう」と同じ黒猫なのに、何故か「めめ」はもてません。
何でだろ。
名前のとおり「めめ」しいからか。
でも、「くらぞう」は「めめ」を尊敬しているのだ。
だって、デへデへの術を伝授してくれたのは「めめ」おじさんだからね。
もう、余計な事を!(怒)

Comment:0  Trackback:0
back-to-top