FC2ブログ
2006
01.15

悩み事

Category: 未分類
昨年11月、姉の友人(独身男性 kさん)が子猫を保護した。
最初は戸惑っていたが元々大の動物好き。
鶏を家族同然に飼っている方だから、あっという間に猫の魅力にどっぷり。
ナイスな猫飼いさんになりました。
これから先が楽しみってとこ。
ところが、1昨日病院の帰り道お父様の前に1匹の猫さんが現れて、そのまま家まで着いてきてしまったとの事。
とても人馴れがすすんでいるらしいので、飼い猫さんがはぐれたか捨てられたかのどちらかなのだろうと思う。
家の中に入れてと鳴いているらしい。
Kさんはペット不可のマンション暮らしなので、前回保護した子猫さんは実家においている。
お母様の介護に毎日通っているので、ちゃんとお世話は出来ているがと言う状況だ。
なので猫さんと暮らし始めて日も浅いこともあり、この迷い猫さんまで家の子にしようとは中々思いきれないみたいだ。
その気持ちはすごく良く分る。
1から2は、何故だかポンって踏み出せない。
今だから確信を持って言えるけど、人間にとっても猫にとっても1匹より2匹なんだけどね。
家を失った飼い猫が外で生きていくのは本当に厳しい。
今は、庭に建てた鶏小屋(暖房完備で暖かい)の側にいるらしい。
猫さんの詳しい情報がないので何とも言えないけれど、どうにか良い方向へ持っていきたいと思う。


2002_1018_000926AA.jpg

私は「つぶ」。
家出した「トノ」父さんを追っかけて来たんだけど、父さんはよそのお家の猫になってて、私何日もお外で待ってたの。
そのうち寒いしお腹はぺこぺこになるしで我慢できなくなって、新しいお家に行ったの。
そしてらね、そこのお家のおばちゃんが「いらっしゃい」って言ってくれたの。
私怖かったけど、大好きな父さんもいるしで勇気を出して飛び込んじゃった。
それが6年前。
家の中にはお兄ちゃん猫さんやお姉ちゃん猫さんがいたけれど、私ちっとも仲良しになれなかった。
意地悪された訳ではないんだけど、私には父さんがいるからお友達なんかいらなかったの。
でもね、その父さんは今はもういないの。
おととし11月6日、お星様になってしまった。
私辛くて辛くて・・・。
それでね、毎日泣いてたらね、「不敵」ちゃんが慰めてくれたの。
「お友達になろうね。」って。
嬉しかったよ。
「つっちゃん、明るくなったね」ってパパもママもお姉ちゃん達も言ってくれるのよ。
「でもね、もう少し痩せると良いんだけどね」って。
そうだよね、私6、1キロだもん。
そろそろダイエットしないとね。
「つぶ」 9月で7歳 ♀



2002_1211_235124AA.jpg

大好きだった「トノ」父さんと。
スポンサーサイト



Comment:3  Trackback:0
back-to-top