FC2ブログ
2020
07.13

13年目のオムツ生活

Category: 未分類
幸ちゃん、保護時以来のオムツ生活をしています。

排便させる時、腸を掴むのですけれど、最近軟便だったので、ちょっと嫌な予感はしてたんですけどね。

幸ちゃんの下半身麻痺は、交通事故とかの後天的なものではなく先天性後肢麻痺なので、今まで軟便でも漏れ出すことは殆無かったのに、今年に入って、わずかですけれど漏れるようになってたので。

それでも、オムツをするほどではなかった。

ところが今回、かなりの量漏れるんです。
許容限度をはるかに超える位。
しばらく様子見してましたけど、一向に治まらず。

で、仕方なくオムツです。

1日4,、5回下半身を洗ってオムツ装着。
幸ちゃん、オムツにストレス全開。
暴れる暴れる。
それはね。
仕方ないですね。
13年目のオムツですから。
当たり前。

半身麻痺の猫さんと暮らしている方と実際お話ししたり、ブログを読んだりしていると、殆どの猫さんはオムツ生活のようです。
今回幸ちゃんがそうなって、その大変さを実感しました。

大病も患わず、好き嫌いせずよく食べ、皆と仲良く暮らして13年。
これから先ずっとオムツ生活になったとしても、今までを考えると、幸ちゃんにはアリガトウ
しかありません。

続きを読む
スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2020
06.19

おじ

Category: 未分類
本日午後10時40分、永眠致しました。
Comment:2  Trackback:0
2020
06.19

老衰なのか?

Category: 未分類
元々、少し歯周病があったおじですが、2:ヶ月前から口元を手で引っ掻く仕草が酷くなり、ご飯も食べ辛くなったので受診。
ステロイトではなく、抗生剤での治療となりました。
薬がうまく効いて、症状が落ち着いていたのですが、1か月前から徐々にゴハンが食べられなくなりました。
血液検査では、全く異常なし。
心臓も肺も大丈夫。
やはり、口腔内の状態が原因ではと、ステロイドと抗生剤を投与して様子見になりました。
ところが、思ったほどの効果がなく、どちらかと言えば悪化したので、セカンドオピニオンを求めて、知り合いの先生の病院へ。
何かしら原因が掴めればとの願いもむなしく、見立ては一緒。
違う種類のステロイドと抗生剤を投与、あとは輸液をして、しばらくは毎日通院が必要との事。
しかし、結果は同じでした。

ボーッと横たわっていることが殆どですが、まだ何とか自力で起き上がり、お水を飲めています。
もう2週間になりますか。
ご飯は一切食べてません。
うまく飲み込めず、無理に食べさせると戻すので、強制給餌はせず。
ただ、フラフラ起き上がり、2階へ上がったりする事もあり、顔つきもしっかりしているため、静観と言うのは出来ず、輸液のために1、2日おきに通院しています。
もう自然に任せるのが筋なのかもしれませんが。

年齢不詳のおじ。
多分15:歳は過ぎているのではと思います。
普通に考えれば老衰。
でも、ドコモ悪くないのに?



1ヶ月前
まだまだしっかりしてたのに。















Comment:0  Trackback:0
2020
03.11

一縷

Category: 未分類
本日午後12時50分、永眠致しました。


Comment:2  Trackback:0
2020
03.03

不調

Category: 未分類
一ちゃんの呼吸がおかしくて、先月受診。

レントゲンを撮って分かったこと。

左肺が癒着していて、殆ど機能していないこと。
原因不明であること。
治療法はないこと。

対峙法で、抗生剤、ステロイド注射。

暫くは、食欲もあり元気そうでしたけれど、今は寝たきりです。

保護時の年齢は分かりません。
状態があまりにも悪くて。
5歳よりは上ではないかと。
あれから、9年。
エイズキャリアであり、横隔膜ヘルニアの手術もし。
緑内障にもなって、,眼球も摘出しました。

どうか辛くありませんように。

20200302115244634.jpg

Comment:0  Trackback:0
back-to-top